山口真理恵(リオ五輪女子ラグビー)の筋肉脚がすごい!経歴と性格も

      2016/06/22

リオ五輪の女子7人制ラグビーのトライゲッターとして活躍中の山口真理恵26歳。

NHK番組「リオ五輪の星 素顔に迫る! グッと!スポーツ」に出演します。

番組では美しきトライゲッターとして注目を集めている山口真理恵選手の素顔が見れる予定です。

番組では左手の薬指というキーワードが登場するらしいですがその辺ちょっと予想してみようと思います。

 

トライゲッターとはラグビーで、トライする能力の高い選手を言います。

ラグビーというスポーツはかなり過激な運動。

男性はもちろんですが女性ラグビー選手の体つきも尋常じゃないんですよね。

今回はそんなトライゲッターを務める山口真理恵選手の筋肉脚の強さや経歴、性格などにスポットを当ててみたいと思います。

ちなみにこの女子7人制ラグビー、リオ五輪ではじめて採用された新競技なので今後かなり注目度が高くなってきますよ。

みんな応援しましょう。

山口真理恵選手のプロフィールを簡単にまとめると

  • 生まれ:1989年10月22日
  • 出身:神奈川県横浜市
  • 身長:159cm
  • 体重:58kg
  • 血液型:O型

山口真理恵の筋肉脚はチーム最速!

今現在、7人制ラグビー女子日本代表「サクラセブンズ」でバックスとして活躍中の山口真理恵選手は代表トップのスピードが武器

なんと50メートルを6秒6でマークしちゃいます。

このスピードを生み出すのが脚の筋肉

7人制のラグビーは少ない人数でもグラウンドの広さは一緒なのでスピードや運動量がとっても重要な要素になります。

山口真理恵選手は重要とされるスピードや運動量を持っているのでチームのエースとして日本代表をけんいんしているのです。

番組のキーワード「左手の薬指」の意味とは

引用:http://www.nhk.or.jp/shutoken/miraima/articles/00065.html

引用:http://www.nhk.or.jp/shutoken/miraima/articles/00065.html

まだ放送前ではありますが、左手の薬指ってこのことではないでしょうかね。

ラグビーは過激なスポーツなのでけっこう脳しんとうや骨折をします。

山口真理恵選手の薬指はすでに剥離骨折して脱臼していて、結婚できないくらい太くなってしまったのです。

山口真理恵選手本人もしょうがないと思いっているらしいですけどね。

 
スポンサードリンク


 

山口真理恵選手の経歴

山口真理恵選手がはじめてラグビーと出会ったのは小学校。

その後、中学校に進学すると陸上部に所属しながらシニアチームで本格的に始めたといいます。

そして、高校在学中には女子7人制のU-23日本代表に合格します。

2007年には香港セブンズに出場を果たします。

香港セブンズとは香港スタジアムなどで開催される7人制ラグビーの大会。ワールドラグビーセブンズシリーズのひとつでもある。
引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/

2008年にはアジア女子ラグビー大会の15人制日本代表に選出。

2009年にはオーストリアに留学し、7人制ラグビーに定着したといいます。

留学後には個人のスポンサーの支援をもとにプロに転向します。

そして、2014年アジア競技大会に出場し、銀メダルを取ります。

山口選手を調べて分かった性格とは

ラグビーを始めが小学校で、17歳にはすでに日本代表に選出された山口選手。

これまでに自分よりはるかに大きい外国人選手と戦ってきました。

決断力にあり、物事に対して思いきって行動に移すところ。

そして負けん気の強さが山口選手の性格というか持ち味ではないでしょうか!。

下記は山口選手のインタビュー内容です。

日本人特有の俊敏性ですとか、動き出しの早さとか、そういった細かいところで勝てるんじゃないかなと。まだアジアで優勝できるか、できないかのところにいるので、予選で中国を絶対に倒せるだけのレベルにしっかり引き上げる必要がある
引用:http://www.nhk.or.jp/shutoken/miraima/articles/00065.html

リオ五輪をはじめ、これからも7人制ラグビーを通しての大活躍を期待します。

山口選手、リオ五輪ヒロイン候補としてこれ以上怪我せずに女子ラグビーを広げてくださいね。

応援します。

ファイト~。

 
スポンサードリンク


 

 - エンタメNEWS