お墓参りとても大切な事ですね!

年に何回お墓参り行かれてますか?

人によって異なるとは思いますが、お墓参りの時期以外にもご先祖様へご挨拶やご報告などでも行かれることと思います。

今回は、お墓参りの服装や持ち物そして、マナーや時期についてもしっかり覚えておきましょう!

 
スポンサードリンク


 

お墓参りの時期はいつ?

お墓参り

お墓参りには年間で数回の時期がありますが、それ以外にもいつ行っても構いません。

特にお参りに行く機会としては、大きく3つの機会に出かけてくことになります。

一般的なお墓参りは年3回

日本でのお参りのペース的には、お彼岸の時期に、お盆の時期、それから命日といった、年間ではこの3つの時期にはお参りをするのが一般的です。

ご報告したいことがあれば

日本人の意識的にも3回の機会にはお参りをするのがポピュラーですが、それ以外にもなにか人生での報告があった時などには、出かけて行って報告をするためにお参りをする人もあります。

結婚をしたり、試験の合格をしたり、進学をしたりと、ご先祖様に報告をしたいときには、日本人の和の心は素晴らしく、お墓参りをする傾向はあります。

日本のお彼岸ですが、3月21日頃の春分の日に、9月23日頃の秋分の日を含んだ、だいたい前後の3日ほどです。

お盆は真夏の世の中的にも夏休み真っただ中の時期であり、8月13日から16日あたりまでの4日間ほどの間です。

日本では地域によりお盆の時期がずれていることがありますので、一ヶ月早い7月にお盆を迎える地域もあります。

命日はそのままですが、故人の亡くなった日のことであり、命日にもお参りをする日本人は多いです。

近況の報告でのお参りは、進学や就職をした時、人生最大イベントの結婚をしたとき、それに出産などの報告があります。

お彼岸の時期というのは、先祖との交流が可能な人も言われます。

ご先祖様は、お盆には家に帰ってくると言われていますので、お仏壇のある家庭では、お仏壇を華やかにして、お供えを添えたりもします。

 
スポンサードリンク

 

知っておきたいお墓参りのマナー

お墓参りの時のマナーとして、準備段階ではお墓周りの掃除をします。

最初に墓石に一礼をして合唱をしてから、草むしりをして、植木の刈り込みなども行い、墓石を清掃します。

お参りでは花立てを洗い、なかに水を入れて花を飾り、お供えも添えます。

ロウソクに火を灯して、先行に火をつけてから、1人ずつお線香を立ててお参りをしましょう。

お墓参りの服装

お墓参り

お墓参りの服装は特にド派手じゃなければ普段の服装で大丈夫でしょう。

ただし、お掃除やお花の交換などメンテナンスすることも多いので動きやすく、多少汚れても平気な服装が向いているかもしれません。

お墓参りの持ち物や必要品

お墓参り

お掃除用の持ち物

使わない歯ブラシ、ほうき、たわし、ぞうきん、ゴミ袋など

お供え物の持ち物

お花、お菓子、季節のフルーツ、飲み物、下の引く紙

お参りの持ち物

数珠、線香、ロウソクマッチ

2月行事・イベントの関連記事はこちら

2017年の立春はいつ?意味や節分との関係、食べ物について簡単に解説!

2017年・節分はいつ?由来や意味を分かりやすくまとめるヨ!

恵方巻きの意味や由来をまとめるヨ!食べ方のルールや食べる時期はいつ?

恵方巻き・2017年の方角は?節分の食べ物にはどんなルールがあるの?

意外と知らない初午の意味や由来を解説!お供えのいなり寿司の意味とは?

札幌雪まつり会場は3ヶ所!それぞれのイベント情報をチェック!

札幌雪まつり・2017のk-pop出演者は誰?日程や入場料はいくら?

河津桜まつり・2017の駐車場情報・無料あり!クルメや出店情報も

 
スポンサードリンク