テオドール キッテルセンは世界的にはあんまり知られていないノルウェーの画家なんですが、実はノルウェーではもっとも人気のある方なんです。

しかし、幼いごろ、貧乏すぎてとある職人の弟子になったそうです。

本日はGoogleロゴに登場したテオドール キッテルセンの生い立ちや経歴、作品をお伝えします。

 
スポンサードリンク


 

テオドール キッテルセンはどんな画家?

テオドール キッテルセンは1857年4月27日に生まれ、1914年1月21日にお亡くなりになりました。

彼は今でもノルウェーでもっとも人気のある画家であり、主に自然を描いた風景画や伝説・説話の絵画を描いてました。

そんな彼は自国であるノルウェーの伝承に登場する妖精やトロールを描いたことでも有名なんです。

テオドール キッテルセンは貧乏すぎて11歳の弟子入り?

こんなに愛されているテオドール キッテルセンは実は生まれた環境は非常に貧乏でした。

テオドール キッテルセンの父は子供や嫁8人を残して亡くなってしまったようです。

そのため、働かなくてはならない状況におちた彼はわずか11歳の時に弟子入りします。

その弟子入りした職人は時計職人。

6年間も弟子として働いていたテオドール キッテルセンは「ディートリヒ・マリア・オール」という人物により芸術学校に入ります。

さらにディートリヒ・マリア・オール」はテオドール キッテルセンにかなりの金銭的な支援をしてあげました。

そして、ドイツまで留学していたんですが、ある日突然、支援が絶えてしまいます。

それによってまた、経済的に厳しい状況に落ちてしまったテオドール キッテルセンは新聞や雑誌の製図工の仕事をせざるを得ませんでした。

長い留学生活が終わるとテオドール キッテルセンはノルウェーに戻ります。

そしてノルウェーの大自然から大きなインスピレーションを受けます。

それがテオドール キッテルセンの作品が誕生する始まりとなります。

 
スポンサードリンク

 

テオドール キッテルセンの作品をご紹介!

まず、こちらの作品。

湖のなかになにか浮かんでいる様子。

テオドール キッテルセンの作品

つづいてこちらの作品。

下の絵は今日のGoogleロゴなんですよね。

グーグルのロゴは先ほどの作品をもとに制作されていたんですね。

テオドール キッテルセン作品01

テオドール キッテルセン作品02

テオドール キッテルセン作品03

 icon-arrow-circle-right googleのロゴの関連記事はこちら:

カッシーニ探査機はすでに燃料切れだった?撮影した土星写真が綺麗すぎる!

アースデーに心がけること。地球の日に世界各地で行われるイベントをご紹介!

セルゲイ ディアギレフは同性愛者で極度の綺麗好きだった事が判明!

ハッサン・ファトヒーはどんな人物?世界が認めた天才建築家の村とは?

コモド国立公園の場所や行き方!インドネシアの世界遺産の特徴とは?

アブドゥル サッタル イーディは誰?彼の財団が行ったミイラの葬式とは?

アイダ ルイスがアメリカで最も有名となった職業や生い立ちをご紹介!

防水布を発明したチャールズ・マッキントッシュのレインコート物語!

スティーヴ・ビコの死因は警察の偽りだった!生い立ちや映画もご紹介!

人類初の南極到達者、ロアール・アムンセンが日本隊を無視したことが判明!

光の速度の測定に成功したのは誰?光の速さは月までどれくらい?

ジャガディッシュ・チャンドラ・ボースの発明が凄すぎる!クレスコグラフとは?

フレデリック・バンティングがインスリン発見!その驚愕のお値段とは?

岩崎瀧三・googleロゴの経歴をご紹介!食品サンプル1号はどんな料理?

ビーロー・ラースローの発明品・ボールペン誕生の秘密とは?生い立ちも

 
スポンサードリンク