立川談春・落語家のプロフィール!ドラマ出演作品や身長と結婚も!

   

立川談春さんは落語家であり、今もっともドラマオファーが来ているタレントでもありますね。

そんな立川談春さんが3月20日日曜日のさんまのまんまにゲストとして出演します。

どんなプライベートなお話が聞けるのか楽しみですね。

ということで今回は注目の立川談春・プロフィールやドラマの出演作品についてご紹介いたします。

あと、身長や結婚にまつわる話もご覧下さいね。

立川談春(たてかわ だんしゅん)・落語家のプロフィール!

プロフィール

  • 本名 佐々木 信行
  • 生年月日 1966年6月27日(49歳)
  • 出身地 日本の旗 日本・東京都
  • 師匠 7代目(自称5代目)立川談志
  • 弟子 立川こはる
  • 名跡 1. 立川談春(1984年 - )
  • 1984年、17歳で、立川談志に入門。
  • 1988年、二つ目昇進。
  • 1997年、真打に昇進。

ドラマに出演されて初めて立川談春さんの演技を見たときはただの演技がうまい俳優だなと思いましたけど、すごい落語家だったんですね。

立川談春さんは古典落語を斬新な話芸で表現し、新世代の名人とも評価されているんだそうです。

あと、クリエーターや若い世代からも人気が高いのも特徴。

 

また、多才でその評価はかなり高くて、執筆したエッセイ「赤めだか」が「第24回講談社エッセイ賞」を受賞。

このエッセイは大型スペシャルドラマとして大反響を呼びました。

その作品がこちら。

赤めだか【Blu-ray】 [ 二宮和也 ]

赤めだか【Blu-ray】 [ 二宮和也 ]
価格:3,888円(税込、送料込)

経歴

1991年にっかん飛切落語会 若手落語努力賞受賞
1995年第2回 林家彦六賞受賞
2000年3月11年度国立演芸場花形演芸会銀賞受賞
2001年4月12年拾年百日亭若手落語会競演シリーズ 技能賞受賞
2003年3月14年度国立演芸場花形演芸会金賞受賞
2004年3月15年度国立演芸場花形演芸会大賞受賞
2008年7月第24回講談社エッセイ賞受賞
引用:http://sunrisetokyo.com/dansyun/profile/profile.html

立川談春さんの独演会は即日完売が続いている今最もチケットが取れない落語家としても有名ですね。

落語家になろうと高校を中退し、17歳で立川談志に入門したそうです。

ドラマや出演作品

2013年1月 舞台「The Name」
2014年3月31日〜9月23日 TVバラエティ「噺家が闇夜にコソコソ」(フジテレビ)
2014年4月27日〜6月22日 TVドラマ 日曜劇場「ルーズヴェルト・ゲーム」(TBS)
2015年10月18日放送開始 TVドラマ 日曜劇場「下町ロケット」(TBS)
引用:http://sunrisetokyo.com/dansyun/profile/profile.html

立川談春さんがメディアへの出演が多くなったきっかけは2011年の師匠談志の死。

師匠の死によって落語界は広告になるような人物がなくなったと思い、弟子である立川談春さん自身が落語をもっと広げようと決心。

できるだけのメディア出演を増やしたそうです。

ドラマの出演もこの延長線の一つだったんですね。

次回の作品が楽しみです!

立川談春の身長や結婚の話も!

立川談春さんは落語界に入る前に目指していた道がありました。

それが競艇選手になること。

しかし、競艇選手になるためには条件があり、それはなんと身長が172cm以下であること。

じゃないと競艇選手として試験応募すらできないそうです。

それで挫折。

でも落語家になってからも競艇ナビゲーターとしても活躍しているほか雑誌などの執筆もされているそうですよ。

妻や子供は?

一般の方と結婚されていて既婚者ではありますが、子供はまだいないそうです。

 

ドラマ界のオファーが殺到しているとの噂の立川談春さん。

落語家としても俳優としてもこれからの活躍に注目ですね。

 
スポンサードリンク


 

 - 注目の人物