衣替え・2016年秋の時期はいつ?収納や子供服のコツも伝授しますよ!

      2016/10/11

季節の変わり目がやってくると、やらなければならないのが、衣替えです。

衣替えの時期がきたけれど、まだいいかなと思っていたら、あっという間に季節が変わってしまい、あわてて衣替えをしなければならないと焦ってしまう人はとても多いようです。

そこで今回は今年2016年秋の衣替えの時期はいつなのか?

また、収納のコツや子供服を収納する際のコツについて見てみましょう!

 
スポンサードリンク


 

衣替え・2016年秋の時期はいつ?

%e8%a1%a3%e6%9b%bf%e3%81%88%e3%83%bb2016%e5%b9%b4%e7%a7%8b%e3%81%ae%e6%99%82%e6%9c%9f%e3%81%af%e3%81%84%e3%81%a4%ef%bc%9f%e5%8f%8e%e7%b4%8d%e3%82%84%e5%ad%90%e4%be%9b%e6%9c%8d%e3%81%ae%e3%82%b3

毎年訪れる衣替え時期は地域の温度差によって多少の差は出ますが会社などはだいたい10月1日前後に行います。

また、とくに日付が決まってないようでしたら気温を見てみるといいです。

人間の体は気温が25度くらいになってくると涼しいと感じますので気温で衣替えの目安にする場合は参考にするといいですね。

 icon-chevron-right まとめ
・衣替えは10月1日前後
・気温は25度が目安

衣替え・収納のコツについて

@rakuda37が投稿した写真 -

 

衣替えを楽にしてくれるのが、上手な収納です。

収納のコツをつかめば、衣替えも楽々に行うことができます。

まず収納のコツですが、その決め手は収納方法にあります。

収納に使うアイテムは、プラスチックケースや、段ボール、引き出しケースなどいろいろあります。

コツ①持っているアイテムを上手に使う

毎日使う洋服や、頻繁に着るものは、引き出しケースを使います。

そして、あまり使わない洋服や、たまにしか着ない洋服は、プラスチックケースや段ボールに収納するのがコツです。

シングルハンガーなどのハンガーアイテムを使うことも上手な収納方法のコツのひとつです。

コツ②着なくなったものは、処分

そして、もうひとつのコツは、着なくなったものは、処分していくことです。

最近着ていないけれど、またいつか着るかなと思って、とっておくと、どんどん着ない服が貯まっていきます。

もう着ないかもしれないと思う洋服は、この際に、おもいきって処分しましょう。

衣替えは、春、夏、秋、冬と4回も行わなければなりません。

でも、コツをつかめば、時間も手間も短縮できて、あっという間に衣替えをすることができます。

icon-chevron-right まとめ
・持っているアイテムの有効活用
・要らないもの即処分

 
スポンサードリンク


 

子供服を収納するときのコツ

続きまして子供服に関する収納のコツになります。

コツ①子供の服は縦にしまう

衣替えに伴う子供服の収納テクニックにまず縦にしまうようにすることです。

子供服は量が多くなってしまいがちであり、横にして積み重ねるように入れてしまうと後で探す時にも大変です。

ぱっと見て簡単に分かるようになっていた方が後々の衣替えの時にも不便になりにくいですし、また、子供自身が洋服を取り出す時にも見付けやすくなります。

コツ②サイズでしっかり仕分けを

サイズで仕分けをするのもコツのひとつです。

ジャンルで分けてしまうとサイズアウトしてしまった物も混ざってしまいますので、後で着られる服と着られない服の仕分けに苦労します。

サイズで分類することで成長に合わせて必要な物を出しやすくなります。

サイズアウトした物は処分していくことも大切です。

もし次の子がいるなどしたらそれはまた別で収納をすることも考えなければいけませんが、単に勿体ない、着ることができるかもしれないという考えで溜めておくとごちゃごちゃになってしまうことがあります。

収納の基本は要らない物はどんどん処分することでもあり、余計な物を減らしてスペースを作ることも収納を上手くやるコツなのです。

余裕のスペースを作ることで収納の工夫もし易くなりますから時には思い切った処分も心掛けるようにしましょう。

 icon-chevron-right まとめ
・子供の服は縦にしまおう
・サイズで仕分けをしましょう

衣替えの洗濯のコツ

衣替えの洗濯のコツ

衣替えを洗濯しようとした時、その黄ばみに気づいたということも多いでしょう。

黄ばみの洗濯物には洗うコツや方法があります。

まず塩素系、もしくは酸素系の漂白剤を使ってよく洗いましょう。

酸素系に関してなんですが、黄ばみが薄い場合は液タイプ、黄ばみが2、3回洗っても落ちなかったという場合はスプレータイプ、黄みが濃くて何度洗っても落ちないという場合は粉タイプが最適です。

その範囲が広い場合についてはスプレータイプが良いでしょう。

塩素系を用いることができない物については酸素系を用いましょう。

刺繍がしてあったり、金属がついていたりする場合は注意してください。

汚れがひどい場合はつけ置き洗いしましょう。

冷水ではなくぬるま湯につけてください。

黄ばみの原因は汗、また皮脂汚れです。

ふだんの洗濯の時に落ちきらなかった汗や皮脂汚れが、だんだん酸化して黄色くなってしまうのです。

これには名前にハイターと付いている漂白剤が有効です。

しばらく着る予定がない物は、黄ばみそのものだけでなく原因となる汚れもよく落としましょう。

物によっては洗剤と漂白剤を併用した方が良いという物もあります。

漂白剤を用いてつけ置き洗いすることも有効です。

 
スポンサードリンク


 

 - 暮らしの情報