ポケモンgoプレー時にバッテリーを長持ちさせる方法・裏技まとめ!

   

ポケモンgo(Pokemon GO)の人気が続いている中、多くのユーザーが直面している悩み!

それはバッテリーの減りがとてつもなく早いってことです。

ということで今回はポケモンgoプレー時にバッテリーを長持ちさせる方法や裏技をまとめましたのでぜひ参考にしてください。

ポケモンgoプレー時にバッテリーを長持ちさせる方法・裏技まとめ!

1.Wi-FiとBluetoothをオフにしましょう!

スマホはBluetooth機器やWi-Fiスポットを常に検索しながらバッテリーを消費していますのでオフにするだけでその分節約できます。

2.省電力オプションをオンにしましょう!

 
スポンサードリンク


 

AndroidスマホもiPhoneも省電力オプションがあるのでオンにしましょう。

この機能をオンにすることによって必要じゃないアプリによる消費電力を抑えられます。

3.バッテリの持ち時間をさらに延ばせるアプリを使いましょう!

バッテリーの持ち時間を延ばせるアプリって知ってますか?

iOSならBattery Doctor、AndroidならJuiceDefenderがおすすめにアプリなのでぜひ試してみてください。

4.不要なバックグラウンドアプリをすべて無効にしましょう!

デバイスマネージャーをインストールするとバックグラウンドで必要のないアプリが分かるはずです。

実際に使ってないアプリを確認し、電力消費を抑えましょう。

5.AR機能を無効にしましょう!

AR機能はカメラを使ってしまうので消費電力が増えてしまします。

この機能はポケモンを捕まえようとするときに操作できるので切り替えスイッチが画面右側に出たらオフにしましょう。

 

 
スポンサードリンク


 

6.Pokemon GOのバッテリセーバーオプションを使いましょう!

設定アイコンをタッチするとこの機能をオンにするすることが可能です。

この機能はスマホを下向きにすると暗くなってバッテリーセーバーが作動する仕組みです。

7.モバイルバッテリを持ち歩きましょう!

スマホ以外にバッテリーがあれば休憩中にも高速充電ができるので出かける時間が長くなりそうなプレーヤーは用意しましょう。

8.ボリュームをオフにしましょう!

一番簡単な方法なんですがこれでも消費電力は抑えることができます。

 

 
スポンサードリンク


 

 - ポケモンGO