ノロウイルスの症状や潜伏期間・予防方法を知ろう!感染経路はどこから?

   

ノロウイルスは11月から3月にかけての冬の季節になると感染者が増加し、抵抗力が弱い子供やお年寄りが感染するケースが多いです。

幼稚園や学校、老人ホームなどで集団感染することもあり、症状がひどい場合は死亡することもあります。

今回はそんなノロウイルスの症状から潜伏期間、予防方法や消毒方法について解説していきます。

さらにノロウイルスは感染力が非常に強いと言われていますのでどこから感染されるのかそのルートを知ることも大事です。

感染経路をしっかり把握し、2次感染がないように心かけましょう。

それではまずノロウイルスの症状や潜伏期間から見ていきましょう。

 
スポンサードリンク


 

ノロウイルスの症状や潜伏期間

ノロウイルスの症状や潜伏期間・予防方法を知ろう!感染経路はどこから?

ノロウイルスの初期症状は風邪と似ている

ノロウイルスの主な症状は発熱と下痢と嘔吐で、症状は1日から2日程度続きます。

ほとんどの人は2日から3日程度で症状は収まりますが、乳児や高齢者は重症化することがあります。

初期症状は微熱と倦怠感で、風邪とよく似た症状が現れます。

風邪との違いは下痢と嘔吐の症状がひどい点であり、熱が出て下痢や嘔吐が続く場合はノロウイルスに感染した可能性が非常に高いです。

ノロウイルスの潜伏期間は最長48時間

ノロウイルスの潜伏期間は24時間から48時間であり、感染した翌日や翌々日になると症状が現れます。

ノロウイルスの感染源は患者の排泄物や嘔吐物で、これらに素手で触れると感染していまいます。

ノロウイルスの患者を看病する時には、患者の排泄物や嘔吐物を素手で触れることは厳禁です。

汚物の処理をする際には、マスクと手袋を付けて処理をすることが必要になります。

ノロウイルスによる感染性胃腸炎は抗生物質は効かず、根本的に治療することはできません。

病院での治療は対症療法になり、解熱剤の投与や点滴による水分補給などが行われます。

安静にして寝ているとウイルスは自然に体の外に出ますので、自宅で安静に過ごすことが一番の治療法になります。

ノロウイルスは予防が一番大事!

ノロウイルスは予防接種や特効薬がないので、感染を予防することが非常に重要になります。

外から家に帰ってきた時には手洗いとうがいを行い、アルコールで手を消毒すると予防することができます。

抵抗力が弱いと感染するリスクが高まりますので、日頃から規則正しい生活を送り、1日3食の食事をしっかりと食べ、抵抗力を強くするように心がけます。

ノロウイルスは感染力が非常に強いため、家族に感染者が出た時には、吐瀉物を素手で触れないなどの細心の注意を払って看病をすることが大切です。

ノロウイルスの感染経路:感染力が強いので要注意!

ノロウイルスの症状や潜伏期間・予防方法を知ろう!感染経路はどこから?3

ノロウイルスは人の小腸粘膜で増殖するウイルスで、感染性胃腸炎を引き起します。

冬に流行することが多く、感染してしまうと、下痢や激しい嘔吐などの症状が起こります。

小さい子供から成人まで幅広い年齢の人が毎年感染していますが、抵抗力の弱い乳幼児や高齢者は重症化しやすいと言われています。

感染経路について

ノロウィルスには3通りの感染経路があります。

まず一つ目ですが、食品から人へ感染する経路です。

生牡蠣やアサリなどのノロウイルスに汚染された食品を食べることによって感染してしまいます。

これは、牡蠣などの二枚貝が海水中でウイルスに汚染されたプランクトンを摂取し、ノロウイルスを濃縮し内臓に蓄積しているからです。

ただ、ノロウイルスは加熱されると感染力を失うので、十分に加熱してあれば牡蠣や貝類を食べても問題はありません。

また、夏場が旬の岩牡蠣にはウイルスは非常に少なく、冬場が旬の真牡蠣にウイルスが多いと言われています。

それから二つ目の感染経路は、人から食品へ感染し、その食品からまた人へ感染する経路です。

ノロウイルスに感染している人が調理などの時に、ウイルスのついた手で食品に触れることでそ食品が汚染され、その食品を他の人が摂取することによって感染が起こってしまいます。

三つ目の感染経路は、人から人へ感染する経路です。

ノロウイルスに感染した人の吐しゃ物や便の中にはノロウイルスが含まれています。

その吐しゃ物や便を処理した時にウイルスが手につき、それを口から取り込んでしまう経口感染の場合があります。

また、吐しゃ物の飛沫が小さい粒子になって空気中に舞い上がり、それを口から吸いこんで感染する空気感染もあります。

ノロウイルスの大きさは非常に小さいため、手のしわや爪の間などに入り込んで経口感染を起こしやすいのが特徴です。

また、少量でも発症しやすく、感染力も強いと言われています。そのため、吐しゃ物や便を処理する場合には注意が必要です。

 
スポンサードリンク


 

ノロウイルスの予防方法や消毒方法

ノロウイルスの症状や潜伏期間・予防方法を知ろう!感染経路はどこから?5

一年を通じて、発症する可能性があるノロウイルスですが、特に冬の寒い時期になると、発生率が高くなります。

また、ノロウイルスは感染力も高いため、二次感染などにも注意する必要があります。

予防方法:

ノロウイルスの予防方法としては、手洗いです。手洗いをいい加減にしていると、なんらかで手にウイルスが付着した場合に、食事などを通じて、手が食べ物に触れてしまうと、体内にウイルスの侵入を許してしまうことがあります。

また、下痢や嘔吐などの症状がでるため、その便や吐しゃ物にもウイルスが存在しているため、それに触れてしまったり、また、トイレなどのドアノブなどにウイルスが付着していた場合などもそれに直接触れてしまうことで、手にウイルスが付着します。

そのような状態だと、食事などで体内にウイルスが侵入してしまうこともあるため、周囲に発症者がいる場合には、直接触れるドアノブなどにも注意が必要です。

 icon-book 予防法まとめ!しっかり守って健康対策しましょう
1.マメに手を洗う。トイレの後やオムツを変えた後、料理する前も。
2.生で食べる食材はしっかり洗う。ノロウイルスが流行るシーズンには魚介類はなるべく火を通して食べる。
3.ノロウイルス患者が触ったところはしっかり洗って殺菌する。
4.ノロウイルス患者の服や布団などは熱湯でしっかり洗う。
5.ノロウイルス患者の嘔吐物はしっかり廃棄し、周辺はいつも清潔に。
6.ノロウイルス患者は回復した後でも3日間は感染の恐れがあるので注意!

消毒方法:

消毒方法としては、通常のアルコール消毒液などでは、ノロウイルスには対処できません。

家庭などにある塩素系の漂白剤などを利用して消毒液を作り、それで対処するといいでしょう。

ノロウイルスの場合には、感染力が強いこと、また症状などによっては脱水症状などを引き起こすことがあるため、油断はできません。

特に免疫力などが比較的弱い子供や年配者などがかかってしまうと下痢、嘔吐などにより体力も奪われ、脱水症状になるとかなり危険です。

そのため、日頃から、手洗いをきちんと行い、また、手などにウイルスが付着しないように、手で直接触れる部分は、こまめに消毒液を使い、消毒をまめに行いましょう。また、免疫力が低下していると、他の病気などにもかかりやすくなるため、できるだけ健康を意識して生活を送ることが大切です。

規則正しい生活習慣を心がけ、食生活などもバランスのよい食事をすることで、体に対して栄養不足を起こさないようにすることも、ノロウイルスの予防につながるでしょう。

choi-clipまとめ

いかがでしょうか?

普通の大人なら自然に治るウイルスですが、赤ちゃんや高齢者には重症化することもよくあるのでそういった家庭の方はとくに感染など気を付けないといけませんね。

とにかくノロウイルスは手洗いがとっても大事なんです。

あと野菜や果物など食べ物もとにかく流れる水でしっかり洗いましょう!

 
スポンサードリンク


 

 - 健康と美容