新米の時期や季節はいつから?炊き方のコツやおかずもご紹介!

   

季節が秋になると日本人が愛してやまないお米の美味しさがピークになるんですがその理由ってご存じですか?

それは市場に新米が出回るからなんです。

もうそろそろ店頭に並ぶん時期だと思いますが実は新米も炊き方によって美味しさがだいぶ変わるんです。

という事で今回はせっかくなんで新米をよりおいしく食べたい方のために「新米の炊き方のコツ」教えます。

ぜひやってみて下さいね。

 
スポンサードリンク


 

新米の一番美味しい時期や季節はいつから?

新米の時期や季節はいつから?炊き方のコツやおかずもご紹介!

夏が終わり秋になると、スーパーで販売されるのが新米です。

日本人には欠かせないお米が、一番美味しい時期になります。

しかし、秋頃から出回る新米ですが、具体的な新米の時期というのはよく知られていません。

そもそも新米の定義とは、収穫をした年の12月31日までなのです。

つまり、秋に収穫したお米が1月1日を迎えると、新米ではなく古米になります。

新米の時期が分かったところで次に気になるのは、新米はいつから食べられる?ということです。

一般的には10月頃からスーパーなどの店頭に並べられますが、早稲だと9月中旬には収穫が終わり出荷されます。

収穫時期が早稲より速い超早稲なら、8月中旬頃から店頭に並ぶこともあるほどです。

しかし、お米の売り場に新米が並ぶのは、10月中旬頃からになるでしょう。

新米をもっと美味しく食べたいならおかずはこれでしょう!

新米の時期や季節はいつから?炊き方のコツやおかずもご紹介!3

せっかく美味しい新米を食べるなら、こだわりたいのはおかずです。

新米のおかずに合うのは、お米の旨味を引き立たせてくれるシンプルなおかずです。

お漬け物や辛子明太子、海苔、きんぴら、お味噌汁など、日本人に馴染み深いシンプルな和食が良いでしょう。

また、新米をおにぎりにして食べるなら、シンプルな塩むすびがお米の旨味を引き立たせてくれます。

 
スポンサードリンク


 

新米の美味しい炊き方のコツ、教えます!

新米は美味しいですが、美味しく炊くためにはいくつかコツがあります。

せっかくの新米ですので、美味しさを最大限に引き出すような新米の美味しい炊き方をすることがオススメです。

美味しく炊くには三つのコツがあるとされており、コツを紹介します。

コツ①優しく米を研ぐ

コツのひとつめは優しく米を研ぐことです。

研ぐ時のポイントは研ぎすぎないことに注意が必要です。

さっと洗うように水の吸いやすい一回目は手早く水に一瞬くぐらせるだけにします。

ぬかが溶けた水が米の内側に入ってしまうと雑味や臭みの原因になってしまうためなるべく手早く行います。

手を立てて、力を入れずに円を描くように軽く研いでいきます。

新米なら3〜4回軽く水洗いをして、すすぎは1回程度で良いとされています。

コツ②新米を40分〜1時間ほど浸水させる

次に浸水させますが、これは40分〜1時間までが良いとされています。

吸水した米は生ものですので、雑菌が繁殖してしまうことも考えられるので、できれば冷蔵庫の中で保管します。

最後に浸水した水を切ったら、炊飯器に入れます。

コツ③水分は少し少なめで炊く

新米は水分が多いため、炊飯器の内釜のメモリよりも少し少なめで炊くと美味しく炊くことができます。

極端に少なくするのではなく3〜5%ほどを心がけます。

炊き上がったら、十字を描くようにしゃもじを入れて上下をひっくり返すように混ぜるとより美味しく食べられます。

 
スポンサードリンク


 

 - 暮らしの情報