ネバネバ食材の効果で老化を防ぐ?インスリンを制御するムチンはどんな成分?

   

ネバネバ食材で有名なのが納豆や里芋などが有名なんですが、実はネバネバ食材を毎日摂取することによって我々の体は衰え知らずで元気でいられるってことをご存知でしょう?

ここではそんなネバネバ食材のすごい効果効能についてお伝えしたいと思います。

そして、最近の研究でわかった長寿とインスリンの関係とは?

 
スポンサードリンク


 

ネバネバ食材の効果で老化を防ぐって本当?

ねばねば丼

納豆やオクラなどのネバネバ食材にはムチンという成分がたくさん含まれています。

実はムチンはインスリンの分泌を抑えることができます。

そして結果的には老化を防ぐことに繋がるのですが、そんなムチン成分のパワーをうまくコントロールすれば体に糖質が吸収されるのを遅らせることが可能なんです。

脳にはとっても欠かせない栄養があるんですが、何かお分かりですか?

それが実は糖質なんです。

糖質は体に吸収される際にブドウ糖に分解されます。

血液中にブドウ糖が流れてくるとそれをインスリンというホルモンが分泌されるのです。

このとき、血液に一気に大量のブドウ糖が入ってきてしまうとそれと一緒にインスリンも大量に必要となります。

そうするとインスリンを分泌する臓器である膵臓が弱まってしまいます。

そして、そんな状態がずっと続くと、とっても厄介な糖尿病やいろんな病気の原因になってしまうのです。

 
スポンサードリンク

 

インスリンの濃度と長寿の関係

最近の研究で長寿の人に関する内容があったのですが、それはインスリンの濃度と長寿の関係性についてでした。

その研究でわかったこと、それは長寿の人にはインスリンの血中濃度値が低い、そしてその状態は低いまま維持されていた事が分かっています。

毎朝の食事を和食してムチンを摂る

ねばねばそばうまうま #nbnbsbumum

これはただ長く生きるためだけの習慣ではございません。

今の時代は寿命の延長だけが目的では内容にいかに老後の生活を元気で楽しく過ごせられるかだと筆者は思うんですよ。

家族がいて可愛い孫たちともっともっと長くいたいという気持ち、ちょっと習慣を変えるだけで十分実現可能な話だと思いませんか?

そのために納豆やレンコンなどネバネバ食材を普段の食事から取り入れるようにしましょう。

そこでやっぱり一番ベストなのが和食なんですが、ある意味当然な話なんですけどね。

日本人ですから。

朝食を和食を変えるとネバネバしたいろんな食材が定番ですよね。

これは健康や長寿を目指すために抜群の食事になるんです。

また、糖質も我々の体には非常に大事な栄養なんです。

だから朝の食事でしっかりと摂取するといいんですが、インスリンが急激に分泌されるような事にはならないように気をつけましょう。

ネバネバ食材は納豆の他にもナメコ、コンブ、サトイモやナガイモにもムチンがたっぷり含まれていますので飽きないようにいろんな料理を作るのも良いかもしれません。

 
スポンサードリンク


 

 - 健康と美容