武蔵丸の妻、榎本雅美さんが新米女将さんに!裏方稼業の内容とは?

      2016/02/17

武蔵丸の妻である榎本雅美さんの密着取材が2月15日放送の「人生が変わる1分間の深イイ話」で放送される予定となっています。

もともとフラダンス教室を運営していた榎本雅美さんが元横綱 武蔵丸と入籍をしたのは2008年の四月。

 

番組ではそんな榎本雅美さんが弟子14人の新米おかみとしての思いを語る予定となっています。

キャラのこい最強の相撲弟子たちに対する新米おかみの榎本雅美さんが思う”自分自身の存在”とはどんなものなのかきになるところですね。

本日はそんな榎本雅美さんについてスポットを当ててみたいと思います。

2月15日放送の「人生が変わる1分間の深イイ話」の内容のポイント
■元横綱 武蔵丸の妻から弟子14人の母へ!新米おかみに密着!
憎めない最強キャラの弟子登場に爆笑の嵐!
新米おかみが考える弟子にとって“自分の存在”とは
引用:http://www.ntv.co.jp/fukaii/

武蔵丸の妻、榎本雅美さんが新米女将さんに!

武蔵丸と奥さんである榎本雅美さんとの出会いはいつ?

musasimaru-01

http://www.musashimaru.net/diaryblog/2008/09/

調べによるとこの二人の出会いは2008年からさらに10年前にさかのぼいます。

ですので1998年ですね。

1998年当時、ハワイの歌を歌っていた小錦のステージを武蔵丸が見に来ました。

そのとき、榎本雅美さんはハワイ歌ステージのバックダンサーとして出演。

それで知り合いになったそうです。

知り合った当時は普通の友たちとして付き合ったみたいです。

そして、3年後には正式に交際が始まったといいます。

武蔵丸と榎本雅美さん二人、実はあることでお互い惹かれていた!

http://www.musashimaru.net/diaryblog/2008/09/

http://www.musashimaru.net/diaryblog/2008/09/

当時の武蔵丸は日本の文化を学んでいた時期でした。

実は武蔵丸はアメリカ領サモアで生まれて6歳にハワイに移住したが、言葉ができず友たちもいなかったといいます。

経済的な理由で大学もあきらめていた武蔵丸でしたが、その後、大相撲入りの勧誘を受けます。

当時日本語などまったく知らなかった武蔵丸さんはそれからずっと相撲に専念。

入門当初、日本語が流暢でなかったこともあり、そんな武蔵丸はもっと日本語や文化に対して学ぶ必要があったのです。

榎本雅美さんはフラダンスを習い始めたばかりだったので当然、ハワイの文化を学んでいました。

お互い違う文化を学んでいたごろに出会ったのが運命的だったのかもしれません。

相撲と○○、どっちを取るか?と聞かれると

 
スポンサードリンク


 

当時の武蔵丸はよく「相撲と女、どっちを取るの?」って聞かれいたんですが実は頭の中は相撲のことばっかりだったらしいです。

これは現役時代の榎本雅美さんとの関係について語ったことらしいですが、私意見としてはそもそも女を取るって言う相撲選手はいませんよね。

でも武蔵丸の相撲したいする気持ちはすごく伝わります。

、そして、それを見守っていた榎本雅美さんの優しい気持ちも感じられますね。

当時の榎本雅美さんはこう語っていました。

「わたしもそれが当たり前だと思っていました。会えないときは多かったが、親方には仕事に集中してもらいたいと思ってました」

それから7年間の交際を経て、二人はハワイ・オアフ島のコオリナ・パラダイス・コーブで親せきや知人など500人ほど集め、盛大な結婚式を行ったのです。

相撲部屋の新米女将「榎本雅美」さんのお仕事とは?

相撲部屋の女将さんは基本、「裏方稼業」。

そして、相撲に関するいろんなことを裏で支えるんです。

ちゃんこ鍋とかはお相撲さんが作るんですが買い物とかのお仕事は女将さん。

お母さん的な存在でもあり、マネージャーみたいな存在でもあります。

なのでもちろお給料などの収入はありません。

親方の収入で生活していく感じです。

細かく調べてみたらこんなことまで仕事になっているそうです。

  • 部屋の経費など支払い
  • 地方場所など、あいさつ回りなどの後援会への対応
  • 激励会、千秋楽パーティの段取り
  • 新弟子の身の回り世話
  • 築地などの食材の買出し

人の面倒をみることはすごく大変な仕事です。

でも親方のお仕事もしっかり見守ってきた榎本雅美さんなら立派な女将さんになれると思います。

これからも応援します。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 
スポンサードリンク


 

 - エンタメNEWS