ムーンライト・映画の日本公開日はいつ?あらすじやネタバレを公開!

   

映画「ムーンライト」が「ラ・ラ・ランド」を抑え、作品賞に輝きました。

海外のメディアでは絶賛の声が続いている本作、実は低予算の作品で北米でも大ヒット記録中です。

ここでは

  • 映画・ムーンライトの日本公開日はいつ?
  • 映画・ムーンライトのあらすじとは?
  • 映画・ムーンライトのネタバレと結末とは?
  • 本作のタイトルの意味とは?

についてお伝えしたいと思います。

 
スポンサードリンク


 

ムーンライトの製作・総指揮はブラッドピット!

俳優でありながら映画プロデューサーも務めているブラッドピットさん。

俳優として3度アカデミー賞にノミネートされたブラッドピットさんは実はプロデューサーとしても3度のノミネートを経験しています。

アカデミー賞受賞作品である「それでも夜は明ける」も彼が手がけた作品。

choi-clip
この作品は筆者もみましたけど、すごくいい映画でしたね。

映画の内容は1800年代にアメリカで実際にあった奴隷体験記なので歴史映画が好きな方にはおすすめです!

映画・ムーンライトの日本公開日はいつ?

映画ムーンライトの全国公開日は4月28日(金)となります。

助演男優賞もムーンライトのマハーシャラ・アリが受賞

ムーンライト・映画の日本公開日はいつ?あらすじやネタバレを公開!

マハーシャラ・アリさんはが海外ドラマ「Marvel ルーク・ケイジ」で印象が非常に強かったので覚えているんですが、なんといっても声がカッコイイですよね。

本作に出てくる時間は短いんですが、主人公少年シャロンに大きな影響を与えた人物として描かれます。

 
スポンサードリンク

 

ムーンライトのあらすじやネタバレ

ムーンライトのあらすじをざっくり言うと

自分の居場所や主体性を探す少年の成長を3つの時代に分けて描いたヒューマンドラマ。

内気なシャロンは学校ではいじめられ、家では母から育児放棄をされた少年。

そんなシャロンはいつも優しくしてくれるたった一人の男友達・ケビンに友情以上の感情を抱いてしまう。

その思いは誰にも相談することすらできずにいました。

しかし、衝撃的な事件が起こります。

ここからはムーンライトのネタバレです!

その事件というのはいつも優しかったケビンが友達とのゲームでシャロンを殴ったのです。

内気なシャロンはケビンの行動に衝撃を受け、いつも自分をいじめていたクラスメイトに暴行を加えて刑務所に入ってしまいます。

その後、シャロンはヒップホップを聞きながら麻薬を扱う人になってしまいました。

そんな暮らしをしているシャロンに一通の電話が。

その人は「ケビン」。

成人になった二人は結局再会し、一緒に夜ご飯を食べます。

そして、二人はケビンの家に。

そこで二人だけの時間を過ごし、シャロンはケビンに告白をして映画は最後を迎えます。

ムーンライト・タイトルの意味を考えてみた

作品賞のほかにも脚色賞と助演男優賞の3部門を受賞した映画「ムーンライト」

本作のタイトルについてちょっとだけお話しますと、本当に映画の内容とばっちりでベストネーミングだと思います。

主人公の少年シャロンが人々の偏見に苦しんでいるとき、シャロンのおばあさんはこう言ってくれました。

「月光の下ではあなたはただ青色にしか見えないよ」

月光の下のブルー。

人種差別や性差別、どんな差別もない。

月光の下ではただの一人の人間であることを意味しているんです。

なんでタイトルがムーンライト?って疑問に思っていましたが、あのおばあちゃんの一言、素晴らしい!

 
スポンサードリンク


 

 - シネメガネ