森下大地の親、森下卓九段のあだ名が残念すぎる件!律儀先生とは?

      2016/04/11

森下大地(もりした だいち)さん、実は親には内緒でこっそり芸能界をデビュー。

今後かなり注目度が高いと思われる森下大地さん、実は親が超一流プロ棋士の森下卓(もりした たく)九段です。

4月12日(火)放送の「踊る!さんま御殿!!」ではこの二人が親子で出演。

将棋界では超真面目男として有名だそうですが、実はあだ名がとっても残念すぎる(('A`;))え?。

今回はそんな森下卓九段のあだ名にまつわる話をちょこっと調べてみましたのでどうぞ最後までお付き合い下さいね。

森下大地の親、森下卓九段はだれ?

森下卓九段

森下卓九段は1966年生まれの北九州市出身。

1983年には四段昇段し、プロ入りを果たした人物。

 

最近では朝から囲碁の番組ばっかりみてるそうですが、全然強くならないそうです。

息子の森下大地さんが学校から帰ってくるまでずっと見てるらしいんですが、強くならないということは囲碁の才能はないかな?

森下大地さんにもずっと負けていますからね。

 

あと、森下大地さんによると将棋の対局で勝って帰ってくると笑顔ですが、負けたらまったく笑わないそうですね。

非常にわかりやすい方ですね。

 

そんな森下卓九段、実は非常に残念があだ名がついている方でしたね。

森下システム(?)を考案したことで升田幸三賞特別賞まで受賞しているすごい実力の方ですが、なんとあだ名が。

森下卓九段の残念すぎたあだ名は無冠の帝王!

だそうですよ。

 

その辺の話をちょっと詳しくすると。

森下卓九段はタイトル挑戦や棋戦準優勝が非常に多かったといいます。

それはとにかくたくさん勝ってるという事。

しかし、タイトルが取れたことは一度もなかったそうです。

しかも、30代にして八段に昇格した後、250勝で九段い昇格。

筆者も将棋に関してはそんな詳しくはありませんが、これかなり珍記録だそうですよ。

 

しかし、賞金はかなり獲得していたそうで、常に賞金や対局料ランキングでは上位ランク。

 

もっとすごい事実が発覚。

森下卓九段は2010年に史上14人目の800勝棋士となり、「将棋栄誉敢闘賞」を受賞しますがタイトルを獲得してない棋士が達成したのは史上初だそうです!!

 

なんという残念すぎる「無冠の帝王」なんでしょうね。

なぜなんでしょうね。

でも賞金で儲かってるからいいんじゃないですかね。^^

 
スポンサードリンク


 

森下大地の親のあだ名第2弾は「将棋界一の律儀先生」

律儀者(りちぎしゃ)というのはとにかく礼儀正しく、義理堅い人を言います。

こんな森下卓九段のエピソードもありました。

 

対局時計が秒読みをしていた時にも「はい」と言ってしまうとか。

道を歩いて知人が現れると100m先でもお辞儀をしたとの噂もありましたね。

 

とにかく礼儀正しくて生活も規則正しいらしいですよ。

棋士の方は一般的に夜型が多いそうです。

 

強烈な母娘ならこの方々ですよね

愛菜の母親、瀧本真理子さんの元レディース時代のあだ名が強烈すぎる件

 

森下大地の親、森下卓九段は毒舌?

これは調べて分かりました。

たしかに森下卓九段、毒舌の容疑ありですね。( ´∀` )

 

問題の毒舌容疑事件、時は解説役をやっていた時。

対局者の手が自分の考えとちがったりすると低い声でこう言うらしいですよ。

「これは驚きましたね」

「こう指すもんですか」

これを批判口調でずっと喋ってる森下卓九段、はい、逮捕!!

 

調べてみると結構面白い方でしたね。

森下大地さんが芸能界に入ったときはかなり驚いたと言う森下卓九段。

しかし、今ではかなり喜んでいるみたいですね。

これからも森下大地さんの大躍進を温かい目で見守ってくれそうですね。

では今日はこの辺で。

 
スポンサードリンク


 

 - エンタメNEWS