はしか・麻疹の感染経路や初期症状は?妊婦への影響や予防接種費用も

      2016/09/05

はしか・麻疹感染者がジャスティンビーバーの幕張コンサートに参加したことによって感染者が現れています。

麻疹は潜伏期間もあり、感染しやすい上に妊婦にも影響があるとされていますので要注意です。

ということで今回ははしか・麻疹の感染経路や初期症状、予防接種の費用、妊婦への影響などを紹介していきます。

 
スポンサードリンク


 

はしか・麻疹感染者がジャスティンビーバーの幕張コンサートに参加

千葉市の幕張メッセで14日に開かれた人気外国人アーティストのコンサートに、麻疹(はしか)に感染していた男性が参加していたことが判明。潜伏期間の10日が経過し、接触者に症状が表れる可能性があることから、国立国際医療研究センター国際感染症センターが24日、関係各都県の医療機関などに注意を呼び掛けた。
引用:http://mainichi.jp/premier/health/articles/20160824/med/00m/010/004000c

はしか・麻疹の感染経路は様々、だから要注意ですよ!

はしか・麻疹の感染経路についてなんですが、とにかく感染されやすいので要注意です。

 icon-bolt はしか・麻疹の感染経路

1.空気感染
2.飛沫(ひまつ)感染:せきやくちゃみだけでも感染
3.接触感染

ご覧のとおり、様々な経路で感染の可能性が高まるわけですが、免疫力を持たない人ははしか・麻疹のウイルスに触れると90%以上が感染されますのでワクチンで予防接種をしましょう。

麻疹の初期症状には風邪と似ていて潜伏期間がある

10〜14日の潜伏期間を経て38度前後の発熱が2〜4日続いた後、39.5度以上の高熱と共に全身に発疹が表れる。中耳炎や心筋炎などの合併症を発症することがある。さらに、まれに中枢神経系合併症を起こすことがあり、うち20〜40%に後遺症が残るという。また、幼児期に感染後、学童期になってから「亜急性硬化性全脳炎(SSPE)」という、進行性で致死的な中枢神経疾患を起こすこともある。
引用:http://mainichi.jp/premier/health/articles/20160824/med/00m/010/004000c

 
スポンサードリンク


 

麻疹の予防接種の費用は?

麻疹ワクチンの予防接種値段はおおよそ5000~8000円ほどで受けられます。

そして、麻疹風疹混合ワクチンは8000~11000円。

はしか・麻疹の妊婦への影響

妊婦は流産や早産を引き起こす可能性があるのでとにかくはしか・麻疹にかからないように注意しましょう。

そのためにも旦那や家族など周りの人もワクチン予防することが非常に大事です。

でもやっぱり一番望ましいのは妊娠を視野に入れている時点で必要なワクチンを接種することでしょう!

追記:2016-09-05:関西空港の従業員がはしかに感染!

関西空港では、先月以降、従業員31人がはしかと診断されていて、大阪府は4日、新たに4人の感染が確認されたと発表しました。
新たに感染が確認されたのは、関西空港で働く20代の女性従業員1人と、医療関係者2人、それに大阪府内に住む30歳代の男性1人です。
このうち医療関係者は医師と救急隊員で、はしかの感染が確認された従業員の診察や搬送をしたことがあり、30歳代の男性は先月28日に空港の対岸にある大阪・泉佐野市のショッピングセンター「りんくうプレミアム・アウトレット」を訪れたことがあるということです。
引用:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160905/k10010669761000.html

大阪府ではすでに感染者が35人となったそうですね。

関西空港ではしかに感染されていた従業員以外に感染が確認されたのは今回が初めてです。

なのでここからさらなる感染が広がるのではないでしょうか?

感染ルートを調べるなど大阪市や堺市、和歌山県は緊急対策を取っているそうですが、とっても感染されやすいウイルスなので徹底的な対策が求められます。

とくに妊婦さんは先ほども申し上げたように「流産や早産」を起こす可能性があるので要注意ですよ。

 
スポンサードリンク


 

 - ニュース