ベイカー茉秋・柔道の家族や経歴をご紹介!筋肉もピアノも凄いぞ!

   

今回ご紹介する選手は柔道のベイカー茉秋選手。

パワーとスピードを兼ね備えており、現在世界ランキング1位。

当然リオオリンピックの有力な金メダル候補としても注目が集まっています。

さらに実力派なのにイケメン!?っということでいろんな事が気になるベイカー茉秋選手のプロフィールや経歴、家族などを調べてみました。

また、ベイカー茉秋選手は筋肉もすごいけどピアノを引いている姿もある意味凄いんですよ。

ベイカー茉秋のプロフィール

身長:178cm
階級:90kg級
段位
所属東海大学2年
出身校文京区立第一中学校-東海大浦安高校
生年月日1994/9/25
引用:http://www.judo.or.jp/athlete/baker

今では実力はもちろんそのルックスでもかなり注目が集まるベイカー茉秋選手。

柔道を始めたのが6歳の時なんですが、高校に入るまでは小柄だったため小学校柔道大会では初戦で負け。

中学時代も柔道を続けるが都大会の準優勝に止まってしまいました。

正直都大会の準優勝もすごいことなんでしょうけど、いまのベイカー茉秋選手を考えるとそんなに良い成績とは言えませんね。

しかし、そんなベイカー茉秋選手にも転機が訪れ、凄まじい成績を挙げてしまうのですが、それは1日7食とウェイトトレーニング。

数か月で66キロだった体重を81キロまで上げ、階級をあげると2年生の個人戦では3位をマーク。

それからまた体重を90キロまで、高校選手権の個人戦すべての試合を一本勝ちに飾りました。

その後も勢いは止まらず、結局は高校3冠【全国高校選手権、金鷲旗、インターハイ】を達成し、とんでもない成績を残しました。

 
スポンサードリンク


 

ベイカー茉秋の経歴や成績

2013年11月 講道館杯全日本体重別選手権大会 90kg級 2位
2013年11月 グランドスラム 東京 90kg級 優勝
2014年2月 グランドスラム パリ 90kg級 3位
2014年4月 全日本選抜体重別選手権大会 90kg級 2位
2015年4月 全日本選抜柔道体重別選手権大会 90kg級 優勝
2015年5月 グランドスラム バクー 90kg級 優勝
2015年7月 グランドスラム チュメニ 90kg級 優勝
2015年8月 アスタナ世界柔道選手権大会 90kg級 3位
2015年12月 グランドスラム 東京 90kg級 優勝
2016年4月 全日本選抜柔道体重別選手権大会 90kg級 2位

ベイカー茉秋の世界ランキング

2013年:20位
2014年:22位
2015年:3位
2016年:1位

家族は母とアメリカ人の父

ベイカー茉秋・柔道の家族や経歴をご紹介!筋肉もピアノも凄いぞ!02

ベイカー茉秋・柔道の家族や経歴をご紹介!筋肉もピアノも凄いぞ!01

こちらの方が実の母である由果さん。

ベイカー茉秋選手はあまり母の面影はありませんね。

おそらくほとんど父似なんじゃないでしょうかね。

一応、ベイカー茉秋選手の父はアメリカ人なんですがいまのところ顔写真は公開されていません。

しかし、ベイカー茉秋選手のルックスを見る限り、優しそうなお父さんの顔が浮かびますね。

 
スポンサードリンク


 

ベイカー茉秋の筋肉や肉体を作り上げたトレーニング法

ベイカー茉秋選手が一気に成績を上げることができたのは体重を増やしながら行った肉体改造。

いくら柔道の練習に励んでもただ食うだけでは絶対にこんな体は作り上げられません。

このように大きな筋肉は高重量ウェイトトレーニングが必要なんですが、ベイカー茉秋選手が主に行ったのがベンチプレス。

そして、最近の記録ではなんと160キロを達成したそうです。

筆者も筋トレを結構やってたので160キロがどれほど重いのかがよくわかります。
普通の男性でもあの重さは骨が折れても持ち上げられませんよ。
まぁ、練習を重ねればいけますけどね。

力強い外国人選手と対等に試合ができるのも徹底的なトレーニング方法にあったわけなんですよね。

やはりベイカー茉秋選手は体重を増やせと指導していただいた高校の先生

ベイカー茉秋のピアノ演奏

小さいごろ姉の影響でピアノを始めたベイカー茉秋選手。

当時のピアノを引いているベイカー茉秋選手、可愛いですね。

今、可愛いなんか言えませんけどね。

 
スポンサードリンク


 

 - リオオリンピック