マッハ文朱の今現在と本名!旦那や子供が宝塚とテニスですごい!

      2016/03/17

「明石家さんまのコンプレッくすっ杯」でデカ女代表として出演されたマッハ文朱さん。

実は1970年代のアイドルプロレスラーとしてかなりの人気ぶりでしたね。

今から20年ほど前、全盛期だったマッハ文朱さんは芸能界がら姿を消し、2014年に芸能活動を再開。

芸能界を休業してから今現在までマッハ文朱さんに何があったのか、じっくり調べてみました。

アメリカでのロス生活や旦那、そして長女と次女の活躍ぶりなどをご紹介していきます。

マッハ文朱は今現在、どうしてるの?

マッハ文朱さんの全盛期にはなんとレギュラー番組が5本。

プロレスラーでありながらアイドル歌手だったマッハ文朱さんにとっては異例と思え程。

当時の人気を後に渡米、25歳でした。

タレントをやめてそのままニューヨークの大学で語学留学をはじめたマッハ文朱さん。

ブロードウェイでダンスを習ったり、健康心理学や経済学も学んでいました。

旦那との出会い

そんな生活を過ごしていたマッハ文朱さんは1993年に台湾系米国人の国際線パイロットであるロバート・チャンさんとご結婚。

そして、次女の出産後には旦那の転勤のためアメリカへ。

暮らしはロス郊外のマリブという場所。

超セレブな生活と育児に励む

ここは高級住宅地でハリウッドスターも暮らしているんだとか。

そのスターがメルギブソン。

マッハ文朱さんはなんとメルギブソンさんと一緒にボランティア活動なども取り組んでいたそうですね。

みんな子育てにかなり必死だったと思い返すマッハ文朱さん。

子育てならマッハ文朱さんも負けず、家族で頑張っていました。

次女の通学のために引っ越してきたところではスポーツバーのオーナーに。

そのお店にはトム・ハンクスやチャーリー・シーンも来ていたそうです。

 

二人の娘たちのために別居をしながらも万全なサポートをしているマッハ文朱夫妻。

家族で話し合って3年間全力サポートするつもりで、旦那はパイロットをやめ、スポーツバーもほかの人に任したそうですね。

マッハ文朱の本名は?

 
スポンサードリンク


 

プロフィール

  • リングネーム: マッハ文朱
  • 本名 渡辺 文枝
  • 身長 174cm
  • 誕生日 1959年3月3日(57歳)
  • 出身地 熊本県天草郡大矢野町(現・上天草市)
  • スポーツ歴 柔道、空手、合気道
  • デビュー 1973年

マッハ文朱がリングネームとして使われていました

本命は渡辺 文枝(わたなべ ふみえ)。

旦那や子供について

マッハ文朱さんの旦那は台湾系の米国人。

国際線パイロットです。

二人が出会ったのは大学関連のパーティー。

そんなパーティーだかは知りませんが、パイロットに出会えるなんてなかなかのパーティーですね。

そんなパーティーで知り合って二人はすぐご結婚。

二人の娘に恵まれたマッハ文朱さん夫妻ですが、この長女と次女がまた活躍がすごいと話題でしたね。

長女が宝塚で次女がテニス世界大会優勝!

2015年にはマッハ文朱さんの長女・桃堂 純(とうどう じゅん)が所属している宝塚歌劇団星組新人公演が開かれました。

現在、長女の桃堂純さんは星組の男役。

身長はなんと175センチ。

マッハ文朱さんに似て背が高いですね。

男役したらかなりスタイルよさそうですね。

そして、マッハ文朱さんの次女は有望なテニス選手として活躍しています。

家族の移住のきっかけにもなった次女の友基さんは世界大会で優勝した経歴を持っており、すでに3社ものスポンサー契約が決まっているそうです。

そして錦織圭選手を見出していた担当者も注目しているそうで、今後の活躍にご期待です。

 
スポンサードリンク


 

 - エンタメNEWS