フランス大統領で勝利したエマニュエル・マクロン氏の嫁が話題になってますが、実は嫁のブリジッド氏はなんと25歳年上なんだそうですよ。

マクロン氏と嫁・ブリジッド氏のなれ初め、気になりますね。

そして、二人の現在の年齢や嫁の若い頃の画像が可愛いらしいのでその辺もご紹介しますね。

 
スポンサードリンク


 

エマニュエル・マクロン氏について

エマニュエル・マクロン氏がフランス大統領に選ばれました。

マクロン氏は1977年12月21日、フランス北部の伝統のある都市アミアンで医師夫婦の息子に生まれ、裕福な環境で育ちました。

マクロン氏は自分自身のことをアウトサイダーと表現しているみたいですが実はマクロン氏は裕福な環境で育ち、典型的なエリートコースを経てます。

しかし、彼の人生は実験精神に満ちている人物として有名。

マクロンと嫁ブリジッドのなれ初めは?

マクロン氏が仏北部アミアンのカトリック系私立高校時代フランス語の先生だったのが25年上妻・ブリジット氏。

当時のマクロン氏は小説家を目指しており、演劇部の顧問を務めていたのですが、これが二人が急接近したきっかけとなりました。

ブリジット氏はすでに既婚者で、娘がマクロン氏と同じクラスメイト。

カトリック系の高校でこのような事態はすぐに噂となりました。

当然、周りからは大反対。

マクロン氏の親もそんな二人を引き離すためになんとかしないと判断し、結局はマクロン氏を別の学校に転校させたんです。

それでもブリジット氏とマクロン氏はちて結婚に至ったわけです。

そして、ブリジット氏が昔、高校生だったマクロン氏から言われた言葉が素敵だなと思いました。

その言葉がこちら

あなたが何をしようと、私はあなたと結婚する

信念というか意志が素晴らしい。

マクロン氏転校のうらには驚きの真実が

マクロン氏の親は二人を切り離すためにマクロン氏をパリに転校させました。

しかし、実はマクロン氏に故郷を離れなさい!と勧誘していたのはブリジット氏だったそうです。

ブリジット氏がなにを思ってそう話したのかはわかりません。

本当に別れるつもりで彼を行かせたのか?

その後、ブリジット氏は離婚し、パリへ向かいました。

嫁ブリジッドの現在の年齢は?

エマニュエル・マクロン氏は30代という若さで大統領になりました。

今年39歳、とんでもない若さでトップの座に降臨したわけですが、その隣には25歳年上のファーストレディー・ブリジット氏がいます。

彼女の年齢は64歳、マクロン氏と結婚する前にもすでに子供が3人もいたんです。

マクロン氏はよく結婚できましたね。

あんなに裕福な医師家庭だと猛反対されていたんでしょうね。

 
スポンサードリンク

 

嫁ブリジッドの若い頃の画像が可愛い

マクロン氏とブリジット氏の若いごろの画像が見つかりました。

そのふたりの写真がこちら。

嫁ブリジッドの若い頃の画像

マクロンの嫁ブリジットの元旦那は誰?フランス夫人の若い頃の画像も

 
スポンサードリンク