ラリー遠田・お笑い評論家のプロフィールや経歴!大学は超名門?

   

ラリー遠田さんはお笑い評論家として知られている人物。

偏差値70以上の超名門を出たラリー遠田さんは連載や出版物も多数。

今回はそんなラリー遠田さんのプロフィールや経歴などをご紹介します。

ラリー遠田のプロフィール

ラリー遠田のプロフィール

おわライターとお笑い評論家。

ちょっと違った感じのフリーライターと言った方がいいんでしょうか。

一応、彼の活躍ぶりを見る限りお笑い芸人ではなさそうですが、とにかくお笑いに関することにほとんど手掛けているようにも感じます。

 

単純にお笑い芸人やその芸風を評論家の立場として書き下ろすのではなく、一人の人間として扱っているところが面白い。

 

そんなラリー遠田さんはもともとテレビ番組制作会社に勤務していました。

その後、フリーライターに転向してはお笑いに関するお仕事を中心に活動しています。

 

その活躍ぶりがまた幅広くて、取材や執筆、イベントの主催、そして雑誌やテレビなどのマスメディアにも出演しています。

ラリー遠田の経歴について

ラリー遠田さんがすごいのは活動範囲がとにかく広くて、しかも今も継続中ということです。

サイトや雑誌への連載は日刊サイゾー、ロケットニュース24、ヤングアニマルの3つ。

ロケットニュース24以外は現在も精力的に連載中です。

 

 
スポンサードリンク


 

ラリー遠田が手がけた書籍はこちら

2009年に発売した1冊の本。

「松本人志はなぜ人に媚びず自信満々に成功し続けるのか」

遠田誠という名義でも活動しているそうです。

この本、松本人志さんの話がたくさん詰まっているそうですよ。

 

続いてはこの本。

この本が発売されたごろにもサイゾーで連載を続けていたラリー遠田さん。

その連載が非常によかったみたいでラリー遠田さんならではのお笑い芸人の見方というのがかなり受けたそうです。

こちらの本は「ダウンタウン vs ナイナイ最強考察」。

こんな本も出版してたんですね。

筆者も好きなお笑い芸人だからどんな内容か気になっちゃいますね。

 

こんな本もありました。

M-1批評本的な。

国民的なイベントであるM-1をお笑い評論家であるラリー遠田さんが徹底的に解剖するらしいですよ。

ラリー遠田の出身大学はあの超名門だった!

ラリー遠田さんの出身大学はあの東大の文学部。

この学部の偏差値はなんと70。

日本全国の文学部における偏差値ではトップにランクインしています。

 

ある意味、お笑い評論家としてのポジションはラリー遠田さんにとって必然的だったかもしれませんね。

東大の文学部を出るほどの頭脳、その才能がお笑い界を見守っているような気もしますね。

 
スポンサードリンク


 

 - エンタメNEWS