草野仁と妻・恵美子の結婚生活に驚愕!競馬大好きで4頭の競走馬馬主に

      2016/07/10

草野仁(くさの ひとし)さんと言えば、「世界ふしぎ発見!」などで人気のニュースキャスター。

紳士的な話し方や人柄で親しまれているのですが、実は草野仁さん、妻・恵美子さんとの結婚生活は驚愕の事実が。

40代になってやっと妻・恵美子さんの心遣い気づいたと語る草野仁さん。

妻・恵美子さんが語る結婚生活とは?

 
スポンサードリンク


 

草野仁と妻・恵美子の結婚生活に驚愕!

草野仁と妻・恵美子

草野仁さんが初めてアナウンサーになったのが1967年のNHK入局当時。

1985年には退社するがその後もフリーとして精力的に活動をされています。

その年、すでに40代となっていた草野仁さん。

しかし、ここで転機が訪れます。

 

結婚当初から九州男児で亭主関白の草野仁さん。

当時の話ではお仕事ばっかりしていてまったく家庭のことなど気にもしなかったと言います。

亭主関白だった草野仁さんがそうしていたことに対しての理由がまたすごい。

 

「私が稼いでこの家を支えているんだからな!!」と思っていた草野仁さん。

こりゃ大変な思いしますよ、奥さんは。

しかも当時のNHK社員の給料はめっちゃ安かったそうで、よくあんなことが言えましたね(笑)。

 

 
スポンサードリンク


 

 

さらに九州男児の驚愕な一面がわかるエピソードがもう一つあるのでご紹介します。

初めて転勤が決まった草野仁さん。

引っ越しの準備はほったらかして同僚たちと麻雀大会に参加。

草野仁さんがいないから当然引っ越しの準備は妻・恵美子さん一人でやることに。

で、なんでこんなことが驚愕のエピソードかって?

妻・恵美子さんのもとには0歳と1歳の息子たちがいたからです。

赤ん坊と1歳、二人の子育てがどれほど大変かは今新生児を抱えている主婦ならとっくにわかるはず。

そんな嫁に引っ越しの準備まですべて任すなんて当時はひどかったんですね、草野仁さん。

今はもちろんアナウンサーとして大好きなんですけどね。

 

こんな生活が10数年もつづいてやっと妻・恵美子さんの心遣いに気づいた草野仁さん。

そんな自分の間違いに気づいてから価値観が変わったそうです。

 

草野仁さんの朝の番組は早いため毎日3時半くらいに起きるそうですが、いつも朝食が用意されており、冬には部屋もすでにあったかい。

おそらく妻・恵美子さんは3時前に起きているんでしょうね。

それに対してやっと40代になって気づいたんですから、結婚当初は本当にすごかったに間違いないですね。

それからは「ありがとう」とか「ご飯美味しかったよ」と感謝の気持ちをきちんと伝えるように心がけているそうです。

 

40代に気づいたからと言って決して遅いとは言えないと自分は思いますよ。

日本中には何十年も気づかず生活している亭主関白な人もたくさんいるはずですからね。

 

そんな草野仁さんの老いを生きる心構えが語られている1冊の本がこちら

草野仁は競馬大好きで4頭の競走馬馬主に

草野仁は馬主

NHK入局当時から競馬の大ファンだった草野仁さん。

東大を卒業してから入社したから23歳ごろですかね。

菊花賞や日本ダービーの競馬中継も担当していたみたいです。

 

そんな競馬が大好きな草野仁さんはフリー転向後には馬主を登録。

2001年の菊花賞に出走したメイクマイデイを所有しています。

 

第24回クイーンカップ優勝のカッティングエッジやダンスインザダーク、ダンスインザムード、ブエナビスタというGIレース優勝馬を持っています。

 
スポンサードリンク


 

 - エンタメNEWS