コモド国立公園の場所や行き方!インドネシアの世界遺産の特徴とは?

   

コモド国立公園の場所や行き方!インドネシアの世界遺産の特徴とは?

コモド国立公園が本日のGoogleロゴと選ばれています。

あれ?トカゲじゃん?

いや、違うんですよ。

あれは実はコモド国立公園に生息しているコモドドラゴンなんです。

画が可愛い!でも実物は結構インパクトありますし、毒もあるらしいです!

ということで本日は

  • コモド国立公園のご紹介
  • コモド国立公園の場所や行き方!
  • インドネシアの世界遺産、コモド国立公園の特徴

についてお届けしたいと思います。

 
スポンサードリンク


 

コモド国立公園とは?

コモドドラゴン

インドネシアのコモド国立公園は群島の中心にあり、主に3つの火山島でできています。

コモド国立公園はサバンナのような場所から緑豊かな森に至るまで様々。

さらに白砂のビーチと青い水に囲まれています。

P1070656

コモド国立公園は約5700頭のコモドドラゴンの命を守るために作られたものですが、現在、この公園の範囲は他の野生の野生動物に拡大しています。

コモドドラゴンの主な食糧源であるチモール鹿に加えて、島はまた、黄色く茂ったコカトゥのような72種の鳥の生息地でもあります。

コモド国立公園周辺の海では数千種類の魚種が泳ぎ、海亀、イルカ、クジラも泳いでいます。

コモド国立公園の場所

コモド国立公園はインドネシアのバリ島から東の方に約600キロほど離れています。

なので日本からだとバリ島を経由していくのが多いですね。

 
スポンサードリンク

 

コモド国立公園の行き方!

コモド国立公園へ旅したい、一度は行ってみたいという方に三つのアクセス方法をご紹介します。

まず、日本からツアーでアクセス

ツアーだと現地の案内や乗り継ぎの航空券も全部用意されるのでもっとも手間のかからない方法ですが、費用は最も高くつきますし、当然ツアーですので自由度は低いです。

次はバリ島からツアーでアクセス

バリ島からのツアーは日本から出発するよりは料金が安くなるんですが、バリ島からコモド国立公園までのツアーは自分で手配する必要があります。

インドネシアが持つ世界遺産・コモド国立公園の特徴とは?

コモド国立公園があるコモド島の周辺は世界遺産として登録されております。

コモド国立公園に生息しているコモドドラゴンの数はなんと約5000頭。

ツアーに参加する方は確実にコモドドラゴンに出会うことができますが、実は事務所の管理下で飼育されているからだそうですね。

しかし、野生のコモドドラゴンには出会えることはちょっと難しいみたいですよ。

 icon-arrow-circle-right googleのロゴの関連記事はこちら:

アブドゥル サッタル イーディは誰?彼の財団が行ったミイラの葬式とは?

アイダ ルイスがアメリカで最も有名となった職業や生い立ちをご紹介!

防水布を発明したチャールズ・マッキントッシュのレインコート物語!

スティーヴ・ビコの死因は警察の偽りだった!生い立ちや映画もご紹介!

人類初の南極到達者、ロアール・アムンセンが日本隊を無視したことが判明!

光の速度の測定に成功したのは誰?光の速さは月までどれくらい?

ジャガディッシュ・チャンドラ・ボースの発明が凄すぎる!クレスコグラフとは?

フレデリック・バンティングがインスリン発見!その驚愕のお値段とは?

岩崎瀧三・googleロゴの経歴をご紹介!食品サンプル1号はどんな料理?

ビーロー・ラースローの発明品・ボールペン誕生の秘密とは?生い立ちも

 
スポンサードリンク


 

 - 暮らしの情報