小林弘幸先生の健康法とストレス解消のコツとは?自律神経の整え方を解説

      2016/08/01

小林弘幸(こばやし ひろゆき)先生は日本体育協会公認スポーツドクターでありながら自律神経の第一人者として有名ですよね。

実は人間って自律神経が乱れてしまうと体調不良を起こしやすいと言われています。

ささいなことでも乱れがちな自律神経は毎日のリセットがとっても大切。

そこで小林先生が教える自律神経の整え方がとっても簡単でだれもが実践できるのでご紹介します。

また、肩こりや肌荒れ、不眠なども解消できる健康法やストレス解消のコツも合わせてご覧ください。

 
スポンサードリンク


 

小林弘幸先生の健康法とストレス解消のコツとは

マイナス思考による感情は自律神経にもっとも悪いと言われています。

人はいろんな悩みがあるとついマイナス思考になってしまうがちでそうなると集中できなくなります。

自律神経のバランスが崩れてしまうと血管や血液に悪影響を及ぼすのです。

つまり、血管は収縮し、血液はドロドロになり、その影響で内臓の機能が低下してしまうのです。

このような状態が長く続いた場合、人は病気になりやすくなるのです。

データにもない病や意味不明のスランプなどの原因は自律神経の乱れであるのです。

 

小林先生によると、自律神経が乱れてマイナス思考やネガティブなのはアナタがなにかを「あきらめてない」から。

先生が定義している「あきらめる」ということはつまりリセット。

あきらめてリセットをさせることによって、心は落ち着くのです。

そして、自律神経のバランスは安定してきます。

小林弘幸先生が実践する生活習慣を教えましょう!

腸と自律神経を整えるための生活習慣をご紹介します。

小林先生も実践するほど効果的なのでみなさんも毎日実践するように心がけましょう。

朝食は必ず食べる

朝食は栄養を補充するためではなく、副交感神経をアップするためなのでちょっとでも食べるようにしましょう。

時間に余裕を持つ

余裕を持つことによって副交感神経がアップします。

それによってトラブルなどが起こっても落ち着いた対応ができるのです。

寝坊してしまったら歯磨きはゆっくり

慌ててしまうと交感神経だけが急に上昇してしまい、バランスが崩れてしまいます。

交感神経が強くなりすぎると腸の働きに支障が出ます。

なのであえてゆっくり磨き、副交感神経を高めましょう。

小林先生の自律神経の整え方について

自律神経を整えるために知っておきたい最重要キーワードはこの3つ。

  • 自律神経
  • 血液

自律神経は腸をコントロールしています。

その役割の大切さは脳と同じと言ってもいいくらいです。

ここで自律神経が乱れてしまうと腸も一緒に乱れてしまうので腸のトラブルの原因となります。

なのでポイントは自律神経と腸はお互いかなり緊密に関係という事なんです。

 
スポンサードリンク


 

整え方の最初の一歩、健やかな腸に保つ

自律神経はとにかくバランスを取ることが一番大切です。

そのためにも必ず健康な腸を保つ必要があります。

いわゆる腸内環境を整えることです。

ここでは健やかでキレイな腸を保つための簡単な方法をご紹介します。

朝にはお水一杯を飲みましょう!

朝起きると胃腸は空っぽの状態だが、お水を飲むことによって動きたします。

それが副交感神経を刺激し、便意が発生しやすくなります。

一日なるべく3食をとる!

食事の回数が減ると腸の働きも減り、動きが悪くなります。

さらに食事という行為は体温をあげる効果もありますので過食に注意しながらなるべく3食を食べるようにしてください。

乳酸菌は毎日、いろんな種類を!

腸内環境を整える方法として良いのが善玉菌を増やすこと。

ここで小林先生がおすすめするのが乳酸菌が豊富なヨーグルトを一日200gを毎日食べることです。

いろんな乳酸菌を摂取するためには発酵食品をたべるようにしてください。

ヨーグルトはもちろん、納豆や漬物もいいでしょう!

自律神経を整えるためのコツ!

自律神経には人が活動的な時に働く交感神経と安らぐときに働く副交感神経に分けられます。

自律神経を整えるための大事なポイントとして副交感神経を高める事

ではそのコツを見てみましょう!

動作はゆっくり

自律神経はちょっとしたことですぐに乱れてしまいがち。

なので意識して気持ちが落ち着くように動作すると副交感神経の動きは自然と高まるようになります。

ゆっくり深呼吸をする

ゆっくり深呼吸をすると心が落ち着くので副交感神経の働きが高くなり、血圧も安定されます。

ウォーキングをする

ジョギングは呼吸が早くなり、副交感神経の働きを下げるため、ゆっくり歩くことが大切です。

十分に寝る

睡眠不足は自律神経のバランスを崩すため、夜遅くまで起きてると翌朝には副交感神経が高まりません。

6~7時間くらい睡眠時間を取るようにしましょう。

自律神経を整える体操をご紹介

この体操は血流がよくなり、自律神経を整える効果がありますので朝や夕方に行ってください。

夕食の後に体操をすると質のいい睡眠ができるのでぜひ実践してみてください。

自律神経を整える体操1

引用:http://www.bee-lab.jp/

この体操のポイントは足を開き、息を吸いながら両手をあげます。

息を吐きながら上半身を左右に倒します。

自律神経を整える体操2

引用:http://www.bee-lab.jp/

足を開いて片手の指先を掴み、上半身はそのままにして息を吐きながら横に引っ張ります。

 

choi-clipまとめ

いかがでしたか?

本当にこれだけのことで体調不良を起こしたり、意味不明な病気になるって驚きですよね。

しかし、自律神経をうまくコントロールすることで簡単に解消できるってこともまたびっくり。

結局は落ち着いてポジティブな人は病気になりにくいってことですよね?

少し気を付ければだれもができることばっかりなのでみなさんも今日から少しずつ実践してみてはいかがでしょうか?

 
スポンサードリンク


 

 - 健康と美容