冨田一樹・天才オルガニストのプロフィールや経歴をご紹介!演奏動画も

      2017/01/25

冨田一樹(とみた かずき)さんは、オルガン部門で世界のクラシック界に衝撃を与えた天才オルガニスト。

20代の若さで世界のオルガントップ演奏者の座をとった彼はどんな道を歩んできたのでしょうか?

本日はそんな冨田一樹(とみた かずき)さんのプロフィールや経歴について調べてみました。

また、演奏動画も合わせてご覧ください。

 
スポンサードリンク


 

冨田一樹・天才オルガニストの誕生

冨田一樹・天才オルガニストのプロフィールや経歴をご紹介!演奏動画も2

冨田一樹さんは今年の7月に世界のオルガンコンクールの最高峰と呼ばれている国際バッハコンクールに参加しました。

オルガン部門と言えばすでに世界の強豪が数多く存在している部門。

特に東・西ドイツの優勝者がほとんど。

しかし、冨田一樹さんは日本人初優勝を飾り、世界のクラシック界を驚嘆させたのです。

天才と絶賛される冨田一樹さんの生い立ちとは?

冨田一樹さんのプロフィールについて見てみましょう!

冨田一樹のプロフィール

冨田一樹・天才オルガニストのプロフィールや経歴をご紹介!演奏動画も

1989年大阪府出身。幼い頃から母の影響でクラシック音楽に興味を持ち2011年大阪音楽大学卒業後、ドイツのリューベック音楽大学でバロック音楽を専攻。世界的な演奏家であるアルフィート・ガスト教授の指導を受ける。
引用:http://www.mbs.jp/jounetsu/2016/12_04.shtml

冨田一樹さんは1989年生まれで今年28歳。

やっぱりすごいのはあの若さですよね。

幼いごろから音楽に接する機会が多かったのも彼の才能の開花に繋がったのではないでしょうか?

そういう意味ではやはり冨田一樹さんの母の存在はとっても大きいものですね。

師匠、アルフィート・ガスト教授は

choi-clip

アルフィート・ガストさんはドイツのオルガン界では若き巨匠と呼ばれている人物。

学生時代から数々のオルガンコンクールで入賞し、現在はいろんな国で独奏会を行っています。

日本でも何回か公演を行っています。

 

 
スポンサードリンク

 

経歴

バッハの世界観に迫る理詰めの表現が高く評価され、2016年7月の国際バッハコンクールオルガン部門で日本人として初めて優勝。その実績を買われ、今秋ドイツ・ワイマールのリスト記念コンサートの主役に抜擢されるなど期待の新星として注目を集める。取材ディレクター曰く「美しい音楽は大好きだが実は食事には無頓着」な28歳。
引用:http://www.mbs.jp/jounetsu/2016/12_04.shtml

ドイツでは冨田一樹さんの人気がかなり高いのが伺えますね。

ドイツの記念コンサートでいきなり主役抜擢って。

じつはこれってもの凄いことなんですよ。

なにがすごいかって、国際バッハコンクールのオルガン部門の優勝者はほとんどがドイツ人だからです。

オルガンの聖地であるドイツで日本人が初主役を務めるって本当に素晴らしいです。

それこそ冨田一樹さんが天才と呼ばれる理由ではないでしょうか?

演奏動画もどうぞ

 
スポンサードリンク


 

 - 注目の人物, 芸能部