ジュノー・NASA探査機の木星到着が持つ意味を解説!太陽系の謎とは?

   

NASAの探査機であるジュノーがついに

アメリカの独立記念日である7月4日に

木星に到着し、NASAや全世界の

宇宙開発の関係者たちが大盛り上がりとなっています。

 

一機の探査機が木星につき、

これからいろいろと調査をする予定と

なっていますが、

なぜ、これほど世界中が盛り上がっているのでしょう?

実は、この探査が成功すればとんでもない

宇宙の謎が明らかになるからなんです!
 

 
スポンサードリンク


 

 

ジュノー・NASA探査機の木星到着が持つ意味とは

ジュノーが木星に行った一番の目的

それは木星がどうやて誕生したかという謎を

解くためなんです。

 

ではなぜジュノーは木星の誕生の謎を

解く必要があるのか?

 

実は木星自体は太陽系のほかの惑星を

圧倒する強大な重力をもっており、

その惑星らに大きな影響を与え、

形成や進化にまで大きくかかわってきたからなのです。

 

そこで人類は木星の誕生のなぞが解けると

太陽系全体がどのように誕生して

進化し続けてきたのかという謎を解くことに

深く関係しているからなのです。

 
スポンサードリンク


 

 

太陽系誕生の謎を解く事が何故可能なのか?

宇宙の謎を解くには推理小説のように

状況別の証拠をあつめて推測するのと

かなり似ていると言われています。

 

どんどん証拠を見つけ出しては

ターゲットを絞りだすということ

になるんです。

 

今現在、木星にもその誕生に関する

さまざまな説が建てられています。

 

しかし、今の人類がもっている

証拠だけではどの説が本当に

正しいのか分ることができません。

 

なのでNASAの探査機ジュノーは

太陽系全体の誕生や進化の謎を解き

様々な説から正しい説を

絞りだすために木星に旅立ったのです。

謎を解くための証拠をどうやって見つけるの?

この証拠をみつけるためには

探査機ジュノーは木星にある

水の量を図らなければなりません。

 

ではなぜ水の量を図ることによって

証拠につながるんでのでしょう。

それは太陽系の初期のごろから

存在していると考えられている

微惑星から由来していると

考えているからです。

 

要するに水の量でどれくらいの

微惑星が集まってくるのかが

予想できるからだそうです。

 

choi-clipのまとめ

今回、ジュノーが木星に到着した件、

よく考えてみると他人事ではない事に

気づきます。

今の人類、すべての人に関わる壮絶な

謎が今後どのように展開されていくのか

非常に楽しみですね。

 
スポンサードリンク


 

 - ニュース