お正月を迎えるにあたって、元日に飲むお酒、つまりお屠蘇を楽しみにしていらっしゃる方も多いです。

家族揃って、おせち料理を囲みながらおとそを飲むことは幸せな気持ちになります。

お屠蘇の由来や作法を知っているとより話しのネタになり会話も弾みそうですね!

そこで今回はお屠蘇の由来、作法、作り方までご紹介したいと思います。

 
スポンサードリンク


 

お屠蘇・おとその意味

神社などでは初詣客にお屠蘇として清酒を振舞っているところもあります。

そして神社によっては初詣客に杯やお神酒を記念に渡しているところもあります。

ではこのお屠蘇についての意味に関してですが、元旦にお正月のお祝いとして飲まれるお酒のことなのです。

家族揃って新年を迎えるにあたって、その一年の無病息災、幸多い年であることを願って飲まれるのが、今の日本社会の風習になっています。

お屠蘇・おとその由来は

ではこのお屠蘇の由来についてですが、いろんな説があります。

その中で定説となっているのは中国の唐の時代に由来しているというものです。

当時の中国にあった、大晦日に井戸に漢方薬をつるして、それを元旦に清酒に浸したものを、一番年の若い順番から飲む、という風習がお屠蘇の元祖となります。

普通はお酒は一番年長者か偉い人から飲むものなのですが、お屠蘇はその逆になります。

日本にこのお屠蘇の風習が伝わったのは平安時代と言われています。

平安貴族の間でのお正月の儀式や宮中の行事にあわせて、清酒つまり、お屠蘇を飲んだことが、日本での最初の出来事であると言われています。

そして江戸時代には元日におとそとおせち料理でお正月を祝うという今日の風習の形になって一般庶民の間に広まったと言われています。

このようなお正月に飲むおとそについては、今の日本でも地域によっては違いがあります。

冬の雪国ではかまくらの中で祝う習慣もあります。

私たちも新年を迎えるにあたってはこのようなおとそやおせち料理の意味についても家族揃ってなごやかに語り合うのもよいことであります。

来るべき新年がより良い年であることを願っておとそを味わうことも、また格別な気持ちにあります。

お正月のおとそや料理で、その一年の英気を養うことも、また必要なことです。

 
スポンサードリンク

 

お屠蘇・おとその作り方

お正月ならではのしきたりの一つにお屠蘇があります。

お屠蘇とは、「屠蘇散」と呼ばれる生薬を漬け込んだ日本酒の事で、独特の香りと甘みがあります。

好き嫌いの分かれる風味なので、ちょっと苦手で・・という事でお屠蘇ではなく日本酒を代わりに飲むという家庭も多いのではないでしょうか。

しかし、お屠蘇には厄除けと一年の健康を願うという意味が込められています。

今年はちょっと手間をかけて本格的なお屠蘇を正しい飲み方で頂いてみてはいかがでしょうか。

お屠蘇の作り方:材料

〇日本酒 普段飲んでいる日本酒でOKです。

お正月という事で上質な日本酒を用意しましょう。

〇本みりん 料理でおなじみの本みりんを用意しましょう。

本みりんでない、料理用酒などは塩などが入っているので避けます

〇屠蘇散 5~10種類の生薬の粉を混合したものです。

スーパーなどでも販売されています。年末になると日本酒などに付いてくることもあります。

屠蘇散の中身は、山椒や、肉桂(シナモン)、陳皮(みかんの皮)、桔梗などで、もともと中国の唐の時代に風の予防薬として 作られたのが由来とされています。

  1. 日本酒と本みりんと混ぜる(基本は半々で、甘めが好きならみりんを多めにします)。
  2. 屠蘇散をティーパックなどに入れて(すでに入って売られているものが多いですが)、1に浸します。
  3. 5~6時間ほどおいて味を出します。
  4. ティーパックを取り除いて完成です。

お屠蘇が出来上がったら、可能であれば「屠蘇器」を用意します。

朱塗りの急須型のお銚子と三段重ねの盃がセットになったものです。

無い場合は日本酒用の小さめの器で代用しましょう。

お屠蘇・おとその作法について

作法は地方によって異なりますが、一般的には以下の作法となります。

・家族の中で最年少者が盃をもち、最年長者が三回に分けて注ぎます。

・飲む人は「一人これを飲めば一家苦しみなく、一家これを飲めば一里病無し」と唱えます。

・お屠蘇を三口で飲み干します。

・年齢の順に、上記を繰り返し家族全員飲みます。

元旦の朝におせち料理やお雑煮をいただく前に飲みます。

家庭で手作りしたもので、新年を気持ち新たに迎えてはいかがでしょうか。

 
スポンサードリンク