年初め一発目の運だめしとも言えるおみくじ!

初詣での楽しみの一つでもありますね。

しかし吉凶おみくじ順番覚えていますか?

意外と知らない方多いと思います。

あと毎年悩む結び方と持って帰るのか結ぶのか?

おみくじあるあるですね!

初詣のおみくじをより一層楽しめるよう基礎知識も詳しくご紹介します!

 
スポンサードリンク


 

おみくじの順番は神社ごとにちょっと違う!

おみくじは、取り扱っている神社によっても5段階であったり7段階であったりと 吉凶の種類には違いがあるようです。

では、代表的な吉凶のおみくじの順番はどのようになっているのでしょうか。

1番良いのは、皆さんもご存じの通り「大吉」です。

その次に「中吉」がきます。

「吉」の順番がわからない人が多いかもしれませんが 「吉」の中で1番良いのは「小吉」です。

次に「吉」「半吉」「末吉」「末小吉」の順番になるようです。「凶」の順番も分からない人が多いかもしれません。

「凶」の中で1番悪い運気なのは「大凶」です。運気が良くなる順番ですと、次が「末凶」になり「半凶」「小凶」「凶」の順番になるようです。

たとえ「凶」をひいてしまったとしても、内容によっては「大吉」に匹敵する幸運な内容の ものもありますので、内容をよく読んで教えを参考にして1年を過ごすのも良いでしょう。

 
スポンサードリンク

 

おみくじは持ち帰る?結んで帰る?

また、おみくじを引いた後に、境内の木の枝などに結んで帰る人もいらっしゃるでしょう。

基本的に、おみくじは結果が良かったら持ち帰り、悪かったら神社の境内に結び付けると良い とされています。

これは「結ぶ」という行為が霊的な意味合いを持ち、神様とご縁を結ぶという意味がある からだといわれています。

「凶」などの悪いおみくじが出た場合の結び方としては、聞き手でない方の手だけで結ぶと 良いといわれています。

なぜなら、それが修行になり凶が転じて吉となるといわれているからです。

神社の境内に悪いおみくじを結び付けるのは、神社に凶の運気をとどめて神仏のご加護を願う という考えもあります。

しかし、おみくじは結果の良い悪しに関わらずに持ち帰っても、神社に結び付けて帰ってもどちらでも構わないようです。

おみくじは、神様からのメッセージとして書かれていた内容を理解してこれからの人生をどう生きていく のかは本人次第ということのようです。

なので、神社に結んで帰ってもいいですし持ち帰って何かの折に読み返して教訓にして毎日を 過ごすのも良いようです。

 
スポンサードリンク