厄除けの時期はいつ頃?方法やお礼の方角などまとめてみた!

      2016/12/29

心身の変調が著しい年齢である「厄年」に行われる「厄除け」。

これは主にお寺で行われる、災厄が体によりつかないようにする儀式のことを指します。

ただし、現在では神社で行われる「厄払い」も同様の意味でとらえられることが多く、神社・お寺のどちらでも行われるようになっています。

では、「厄除け」はいつ頃、どのような方法で行われるのでしょうか。

 
スポンサードリンク


 

厄除けの時期はいつ頃?

まず時期ですが、そもそも「厄年」は「数え年」で年齢を数える必要があります。

日本では古くより、生まれた年を1歳として数える「数え年」を採用してきました。

そして新しい1年の始まりとともに、数え年も1つ増えます。

そのため、厄除けを行う時期は地域によって異なりますが、年初め、つまりお正月か立春…節分の時期に行うことが良いとされています。

ただし、厄除けは厄年の間に行えば大丈夫です。

そのため、区切りのいい誕生日や、縁起のいい日に行う場合も少なくありません。

厄除けの場所はこだわった方がいい?

次に厄除けを行う場所ですが、「有名なところ」にこだわる必要はありません。

神社なら自分の土地を守ってくれる神様の所、お寺なら先祖代々信仰している宗派のところを選ぶようにしましょう。

厄除けの方法

そして方法ですが、まず参拝する際に神様・仏様に失礼がないよう、正装で向かいます。

そして神様・仏様にお供えするお金を紅白の蝶結び・水引きののし袋か白封筒に入れて納めます。

神社の場合は封筒に「御初穂料」、お寺の場合は「お布施」と記入します。

納める額は大きい所ですと具体的に明示されていますが、平均的には5000円~10000円が相場とされています。

 
スポンサードリンク

 

厄除けの儀式の方法は?

そして具体的な儀式の方法は、神社やお寺によって形式が異なります。

もし希望の方法がある場合は事前に確認するといいかもしれません。

また、厄除けを行った後、祈りが込められたお札を頂くことができます。

お礼の方角

その際、お礼の方角は正面が南側か東側に向くようにしましょう。

なお、お札の下を人がくぐることはあまり良くないとされているため、人が通りそうなところには飾らないように心がけましょう。

なお、頂いたお札の効力は厄年が終わるまでです。

終わった後はしっかりと神社・お寺に返納するようにしましょう。

 
スポンサードリンク


 

 - お正月, イベント・行事