お正月には大正月と小正月があるのご存知でしょうか?

そして小正月には小豆粥を食べます!

小豆粥を食べるのにもしっかり意味があるんです。

小正月の由来や意味そして小豆粥のレシピも調べてみました!

小正月の過ごし方もご紹介します。

 
スポンサードリンク


 

小正月の意味は?

元旦を中心としたお正月は大正月とも言われます。

それに対し、1月15日が小正月と呼ばれています。

一般的には小正月を持って正月の行事は終わるのです。

小正月=女正月??

実は小正月はお正月に忙しく働いていた女性が一休みできる日なんです。

だから「女正月」という別名がついたわけなんですが、意外と昔の風習にとっちゃなかなか気配りがいい気がしますね。

小正月の由来

小正月の由来は旧暦を利用していた頃にさかのぼり、1ヶ月は満月の日から次の満月の前日までとされていたため1年は立春の日から始まるとされていました。

今は新暦により新月から次の新月までが1ヶ月とされています。

そのため小正月は旧暦での考え方でいう正月ということなのです。

新暦になっても庶民の間で旧暦の風習はなくなることはなく、大正月は都市神様を迎えるもの・小正月は豊作祈願・家庭的なものと分かれていき現在にも至っています。

 
スポンサードリンク

 

小正月の過ごし方

大正月の行事は有名ですが、小正月の過ごし方としては豊作祈願のために餅花を飾ったり、どんど焼きをして門松やお飾りなどを燃やしその灰を浴びることで無病息災を願ったり、といったものになります。

小正月の飾りは?

また、小正月の朝食には家族の健康を祈って小豆粥を食べるという習慣があります。

これは中国から伝わった風習で、まめに元気に過ごせるように祈願したのです。

また小豆の赤い色が邪気を祓ってくれるとも考えられていました。

枕草子や土佐日記にも小豆粥について記載されている箇所もあり、古くからこの習慣は続いていたのです。

粥を炊く際に竹筒を入れて筒の中に何個の小豆が入ったかで米の出来高を占うような粥占いをするという風習が伝わっているような地域もあります。

小豆粥を食べるのにどんな意味があるの?

小正月に食べる小豆粥は邪気を払ってその年の健康を願うために食べるんですが、そもそも「邪気」の本当の意味をご存知でしょうか?

筆者の周りの若者に聞いてみたらなんとなく「悪いことじゃない?」って言ってましたが、間違ってはないんですけどね。

邪気がない=嘘がなく自分に正直。

仏教では「邪気」というのは自分の気持ちを人に合わせて押し曲げる、悪いことや嘘を繰り返しす、

そのうち人柄が邪気をどんどん帯びていくと教えています。

ということは「邪気」は単純に悪いことというよりは「正直になれず嘘をつく自分」とも言えますよね。

そうすると「邪気を払ってその年の健康を願う」ということは体のケガや病気というよりは「心の病」のことを言ってるのではないでしょうか?

そんな小豆粥の超簡単な作り方をご紹介します。

小豆粥の作り方ですが、前日からお湯に漬けてふやかしておいたりアク抜きをしたりといった作業が面倒なら茹で小豆を買ってきて、倍量のお湯で粥状にしたご飯に入れて好みの味付けをするだけでも雰囲気は楽しめるでしょう。

ほっとするやさしい味になりますよ。

でも今回はちゃんと作ってみたいという方はこちら。

Cpicon 小豆粥~炊飯器・鍋で炊いて塩は加えない by gingamom

大晦日から大正月にかけてご馳走を食べてばかりで弱った胃を休めてくれるでしょう。

簡単バージョンの小豆粥でしっかり疲れを癒しましょう。

 
スポンサードリンク