「夏も近づく八十八夜~」と茶摘みの歌にも出てきますが、この八十八夜という暦上の言葉や意味などをご存知でしょうか。

ここでは2017年の八十八夜はいつなのか?そしてその意味について調べてみました。

さらに八十八夜のお茶はとっても重宝とされているんですが、その訳とは?

 
スポンサードリンク


 

2017年八十八夜はいつ?

まず八十八夜はいつ頃をさすのかということですが、雑節のひとつとされ、立春から数えて88日目にあたる日を挿します。

現在の太陽暦をベースに数えると5月2日、うるう年の場合は5月1日となっています。

八十八夜の意味

八十八夜にはどんな意味があるのかということですが、これは春から夏に移る節目の日で夏への準備をする決まりの日や縁起のいい日という風にされてきました。

また農業がさかんであった時代では特に八十八夜の別れ霜といわれたように、この時期から霜もなく安定した気候になることから、茶摘みや苗代のもみまき、蚕のはぎたてなどの作業を始める日の目安にされていました。

しかしその反面、さつき寒などという言葉もあり、5月になっても急に気温が下がって霜が降り農作物や果樹などに思いがけぬ被害を受けることがあるというふうに警戒した言葉もあるようです。

 
スポンサードリンク

 

八十八夜の時期のお茶が特別なのはなぜ?

では茶摘みの歌に出てくる「八十八夜」ですが、この時期に採れたお茶は何か特別な意味があるのでしょうか。

茶摘みを始める時期は産地によって異なりますが、茶の新芽を手で積み始める新茶時期であります。

この頃に摘み取られるお茶は古来から不老長寿の縁起物の新茶として重宝されているようです。

また茶摘み最盛期であるこの時期のお茶は縁起をかつぐという意味合いや気候条件も含めて極上のおいしさといわれています。

お茶の新芽には前年の秋からひと冬越して蓄えられた成分であふれており、新茶特有のフレッシュな香りがぎゅっと凝縮されないうちに製茶された一番茶をゆったりとくつろいで飲むのは至極のひとときです。

また、この一番茶には二番茶とは違っていろんな効果があると言われていますが、一体どんな効果なんでしょうか?

一番茶がもつ驚きの効果とは

また一番茶には二番茶以降のお茶に比べて、うまみ成分である「テアニン」と呼ばれる成分が豊富に含まれているため、神経をリラックスさせる働きがあるほか、血圧を下げる作用や脳神経細胞の保護作用、記憶力や集中力を高める効果などがあります。

今回は八十八夜の時期や意味などの他、この時期に採れるお茶についてもご紹介いたしました。

八十八夜にはぜひおいしいお茶をいただきましょう。

 
スポンサードリンク