星野源の彼女噂話!今痛む病気やパニック障害の過去とは?ドラマ主題歌も

   

俳優や音楽家、文筆家として絶好調の星野源(ほしの げん)さん。

以前テレビの某番組では歩く才能と紹介されたり、仲のいいお笑い芸人バナナマンのあの設楽統さんでさえ「天才」って言うくらいですからね。

今回はそんな星野源さんの彼女の噂話をご紹介いたします。

また、星野源さんの壮絶な闘病生活があったのご存知ですか?

今現在も星野源さんはとある病気に苦しんでいるそうですが、その真相は?

パニック障害だった過去や今話題のドラマ主題歌などまとめてみました。

 
スポンサードリンク


 

星野源の彼女噂話!最新情報が入ってますよ


星野源さんの彼女の噂、最新情報が入ってきましたのでお伝えします。

実は星野源さん、けっこうモテモテ男でしたね。

過去には歌手のaikoと付き合って、そしてつい最近までは二階堂ふみさんと付き合っていたそうですが現在はフリー状態。

そんな星野源さんに新しい恋人の予感が噂されています。

その相手はなんと新垣結衣さん。

~いやいやドラマの話じゃないですから。

テレビ番組の関係者からの話だと二人は収録の間にもべったり仲良くしているみたいですよ。

最近の新垣結衣さんの恋愛事情ってなんだかかわいそうで。

以前は関ジャニ∞・錦戸亮さんにもてあそばれ、つい最近では三浦春馬さんに捨てられた形で破局。

もし、星野源さんと新垣結衣さん二人が本気なら「逃げるは恥だが役に立つ」ドラマより注目を集めるのではないでしょうか。

星野源が今痛む病気とは

星野源さんを苦しめた病気の名前は「モニカ病」。

なにこの病気?と初めて聞く方も多いのではないでしょうか?

「モニカ病」というのは正式な病名としては「突発性肛門痛」だそうです。

じゃ~なんで「モニカ病」と呼んでいるの?

実はこの「モニカ病」、吉川晃司さんの歌から由来していて星野源さんがネーミングした病名。

肛門あたりに激痛が走ったらどうしようもなくウロウロすることしかできないらしい。

この姿はまさに吉川晃司さんがデビュー曲「モニカ」を歌っているときとそっくりだから付けたそうです。

当然、星野源さんがネーミングしたわけですから医学界では存在しない病名です。

ちなみに「突発性肛門痛」の特徴はこちら

■夜中に突然肛門部に「槍で刺されたような」と表現されることもある強烈な痛みが出現する
■過労気味の時に出現しやすい
■便秘をしているときになりやすい傾向がある
■痔や腫瘍など明らかに肛門部に病変があるわけではない
■締め付けられるような痛みである場合が多い
引用:https://doctors-me.com/doctor/anus/11/column/4617

槍で刺されたような痛み、、、恐ろしい病気なんですね、この病気だけはなんとしても避けたい。

星野源のパニック障害だった過去について

今では主演ドラマも好調な滑り出しをみせている星野源さん。

実は星野源さんは幼い頃にいじめにあったことが原因でパニック障害が発症。

それから精神安定剤服用の日々が続き、学校はもちろん、家を出ることすらできなくなってしまいます。

今、これだけ活躍している星野源さんからはなかなか想像もつかない出来事なんですよね。

でも今回、調べて分かったんですが意外なことにパニック障害って人見知りや対人恐怖症の方は少ないんだそうです。

明るくて陽気に見える人、そのような人の方がパニック障害であることが多いみたいですね。

誰とでも仲良くできる外向的な人も本当はパニック障害者である可能性が高いってことですよね。

こういうのが本当に恐ろしい病気なんでしょうね。

話を戻しますと星野源さんに転機が訪れたのはとある一曲との出会いでした。

 
スポンサードリンク


 

クレイジーキャッツ「だまって俺についてこい」

その曲とはクレイジーキャッツの「だまって俺についてこい」という歌。

この歌の歌詞に星野源さんは救われたと言います。

その歌詞がこちら。

「そのうちなんとかなるだろう」

まぁ、普通の人が聞いたら普通の歌詞なんでしょうね。

でも、本当に絶望的で先が不安でしょうがない人にとっちゃ「なんとかなる」の意味は

星野源主演ドラマ・逃げ恥主題歌

 

 
スポンサードリンク


 

 - 芸能部