ムヒカ元大統領の名言に感激!本やスピーチ総まとめ【完全保存版】

      2016/04/10

ムヒカ元大統領が2016年4月5日に緊急来日しましたね。

ムヒカさんは「世界で一番貧しい大統領のスピーチ」絵本の主人公でもあります。

そして、2012年の国際開発会議でのスピーチが伝説となったのは有名な話ですよね。

今回はとっても気になるムヒカ元大統領のプロフィールや話題の名言、そして絵本やスピーチの内容についてご紹介させていただきます。

ムヒカ元大統領の名言に感激!まずはプロフィールや経歴を

ムヒカ元大統領のプロフィール

名前:ホセ・アルベルト・ムヒカ・コルダノ
(José Alberto Mujica Cordano)
生年月日1935年5月20日
出身ウルグアイ東方共和国
職業国会議員(前ウルグアイ第40代大統領)
家族ルシア・トポランスキ夫人(国会議員)、ほか数匹の犬や猫、鶏などと暮らす
趣味園芸・読書
愛称ぺぺほか
引用:http://www.choubunsha.com/special/president/

経歴

●1935年、ウルグアイ・モンテビデオ郊外に生まれる。
●幼い頃より、パン屋、花屋などで働く。十代から政治活動を始める。
●1960年代初期、当時の独裁政権に反抗する非合法政治組織「トゥパマロス」に加わる。
●ゲリラ活動による4度の投獄を経て解放。その後、1994年に下院議員に選出。
●1999年、所属の人民参加運動(MPP)が最大議席を獲得。
●2010年、ウルグアイ第40代大統領に選出。
●給料の大半を貧しい人のために寄付し、公邸での居住を拒否。歯に衣着せぬ物言いが話題に。
●2012年、「国連持続可能な開発会議」でのスピーチで世界の注目を浴びる。
●半世紀ぶりに国交回復したキューバとアメリカの仲介役を担うなど、世界中で活躍。
●2015年、大統領退任。
引用:http://www.choubunsha.com/special/president/

大統領なのにとっても質素な生活が素晴らしい!

引用:http://www.choubunsha.com/special/president/

引用:http://www.choubunsha.com/special/president/

ここは郊外にあるムヒカ前大統領の自宅兼農園。

首都モンテビデオから車で20分ほど離れた場所にありました。

幼いごろにすでに日本人を知り、思い出があった!

実はホセ・ムヒカ前大統領は幼いごろに日本人に触れ合うことが多かったみたいですね。

おそらく1940年代でしょうね。

ウルグアイに日本人がいたのはちょっと珍しいですね。

しかも15軒も日本人家族が住んでいたそうです。

そこでムヒカさんは農園の手伝いや道具の使い方などを学んでいました。

当時の記憶で日本人はとっても真面目でいい人だっという印象を受けたそうですね。

伝説のスピーチから絵本が発刊!そして日本へ

ムヒカさんの今回の来日は汐文社が発刊した『世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ』絵本がきっかけ。

この絵本の内容はブラジルでの国際会議のスピーチが紹介されています。

そして、完成した絵本をみたムヒカさんはとっても喜んでいたそうです。

緊急来日!日本人へのスピーチはまた伝説となるか?

ムヒカさんにはいま現在の日本がちょっと残念に思っているそうですね。

なぜそう思っているのでしょう?

その理由にとっても共感。

 

ムヒカさんは日本の失敗や成功、苦悩にとっても興味を持っていると言います。

なぜなら人生もまったく同じことが起きるから。

そして、この数十年間の日本という国は人類の縮図だと言います。

 

今、日本の大都会の社会で暮らしている人たちは幸せなのか?

 

本当に大切なのは人々が幸せであり、幸せを感じているのか、満たされているのか。

人生は本当に短い時間。

なんでも売っているスーパーでも時間は売っていない。

「物を買うときお金で買うのではない、そのお金を得るための時間を使って物を買うんだよ」

 

 
スポンサードリンク


 

ムヒカ大統領の本をご紹介!

世界でいちばん貧しい大統領からきみへ

子供でも非常にわかりやすく制作された絵本ですが、大人もぜひ一度読んでほしい。

あなたは幸せに暮らしていますか?

世界でもっとも貧しい大統領ホセ・ムヒカの言葉

たくさんのものがあれば人は幸せになるのでしょうか?

物に囲まれ、そこで幸せを見つけることはできません。

いま現在の我々の生活と幸せについてもう一度考えさせられるような一冊です。

ホセ・ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領

 

ムヒカ大統領のスピーチや名言まとめ!

心に染みる名言の数々。

みなさんもぜひその深い意味を考えてみてくださいね。

ムヒカ大統領の名言

私は、自分を貧しいと思っていない。
いまあるもので満足しているだけなんだ。
わたしが質素でいるのは自由でいたいからなんだ。
お金のかかる生活を維持するために働くより、
自由を楽しむ時間が欲しいんだ。
「世界でいちばん貧しい大統領からきみへ、6項」

後部座席には絶対に座らなかった。
だって、攻撃されたとき運転手だけ犠牲にするわけにはいかんだろう。
わたしも一緒に戦わねばならんからね。
「世界でいちばん貧しい大統領からきみへ、5項」

貧乏とは、少ししかもっていないことではなく
かぎりなく多くを必要とし、もっともっと欲しがることである。
このことばは人間にとって何かが大拙かを
教えています。
「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ、20項」

素直に考えてみましょう。
わたしたちは発展するためにこの世に生まれてきたのではありません。
この惑星に幸せになろうと思って生まれてきたのです。
「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ、14項」

私の記念碑でも立ててほしいくらいだよ。
ウルグアイの政界で
思ったことをなんでも口に出すのは
僕くらいなんだからね。
「悪役52項」

人間は集団生活する動物だ。
他人を必要とする、奇妙なサルなんだ。
一人では生きていけないんだよ。
「世界でいちばん貧しい大統領からきみへ、63項」

ムヒカ大統領のスピーチ

こちらはスピーチの一部を抜粋した内容となります。

私自身が読んで心を打たれた内容を中心にまとめてみました。

人生というのは1分1分とあなたから逃げていきます。足りないからといってスーパーで追加で買うことができないのです。ですので人生を活きるために戦ってください。人生に中身をあげてください。他の生物の生き方と人間の生き方の違いというのは、あなたには自分の人生の方向性をある程度決められるというところにあります。あなたが自分の人生の道の創設者になれるのです。

不可能なことを可能にするには更なる努力が必要です。そして本当に負けてしまうのは腕を下げ自分を渡し、諦めるときのみです。

引用:http://hana.bi/2015/05/mujica-unasur-new-speech/

いかがでしたか?

この場でムヒカ大統領をすべてを知ることはできません。

しかし、ここで重要なのはムヒカ大統領を知ることではなく、ムヒカ大統領を通して本当の自分を知る事だと思います。

そして、人生にとって時間の意味、真の幸せについて真剣にぶつかってみるのもいいでしょう。

 
スポンサードリンク


 

 - 注目の人物