桃の節句が初節句と呼ばれる時がありますが、ご存知でしょう?

それは家庭内に女の子が生まれてから初めての桃の節句のことなんだそうです。

ひな祭りの別名とも呼ばれている桃の節句、どんな意味や由来があるのでしょうか?

こちらではひな祭りが桃の節句と言われる本当の意味や由来について解説します。

また、縁起の良い食べ物やその食べ物の由来についても合わせてご紹介しますね。

 
スポンサードリンク


 

ひな祭りが桃の節句?

桃

毎年3月3日がひな祭りであると言うことは、多くの人が知っています。

しかし、ひな祭りが別名「桃の節句」と言われる理由や意味について、縁起のいい食べ物について知っている人はそれほど多くはないと言えます。

まず旧暦の3月3日は桃の花が咲く頃であったため、その影響でひな祭りが桃の節句と呼ばれるようになりました。

元々ひな祭りとは上流階級の子供たちの遊びである流しびなが由来となっており、これは紙や藁で作った人の形をした物を身代わりとして川へ流すことで、厄除けや健康を祈願していました。

これはひいな遊びと言われており、やがてもう少し立派な人形が作られるようになると川へ流すことを止めて家々に飾るようになったため、江戸時代に幕府が3月3日を桃の節句と定めたと言われています。

またその他にも、桃は中国では邪気を払う力があると言うことから桃を飾る習慣があったり、日本でも桃は魔除けの木とされているため、厄払いや健康祈願の意味を持つひな祭りを桃の節句とも呼ぶようになりました。

 
スポンサードリンク

 

縁起のいい食べ物

日本では、ひな祭りには一般的にちらし寿司を食べる習慣があります。

この理由についても様々な説がありますが、その一つとしてなれ寿司が関係していると言われています。

なれ寿司とは、魚を米と塩を用いて乳酸発酵させた食べ物で酸味があり、現代も全国各地で作られています。

握り寿司の起源になったとも言われていますが、このなれ寿司に縁起物であるエビや菜の花をのせて彩りを加え、食べていました。

そしてさらに、見通しが良いようにと言う意味を込めてれんこんをのせたり、まめまめしく働くと言った意味から豆をのせるなど、語呂合わせで様々な食材をのせるようになり、現代のちらし寿司の形になりました。

またその他にも、ひなあられやはまぐりのお吸い物、白酒と言った食べ物がありますが、中でも菱餅はひな祭りにはつきものです。

これは中国から伝わった食べ物で、赤は魔除け・白は清浄・緑は健康と言う意味を持ちます。

3月行事・イベントの関連記事はこちら

啓蟄(けいちつ)とは?意味を簡単に解説!2017年はいつ?

ひな祭りの献立料理はダイエットやデトックス効果抜群のこれに決定!

ひな祭りの由来と食べ物:エビやレンコン、豆が持つ意味を解説!

雛人形の処分を無料にする方法とは?片つけの時期はいつが良い?

桃の節句とは?意味や由来、縁起の良い食べ物はどんなものがある?

 
スポンサードリンク