生姜酢でダイエット!どんな効果・効能がある?作り方や食べ方をご紹介

   

生姜の人気の秘密として最近注目されているのがダイエット効果なんです。

生姜+○○みたいな感じですね。

この間、筆者がご紹介した「生姜+ココア」も生姜シリーズの一つだったんですが、みなさん結構検索されているんですね。

ということで本日は「生姜+○○」をもう一品。

「生姜+酢」なんですが、どんな効果・効能があるんでしょうか?

実は作り方もとっても簡単でみなさんのご家庭でもすぐ作れると思います。

では作り方と合わせて食べ方や飲み方もご覧くださいね。

 
スポンサードリンク


 

生姜酢でダイエット!どんな効果・効能がある?

生姜酢でダイエット!どんな効果・効能がある?作り方や食べ方をご紹介

りんごやバナナ・パイナップルなどさまざまな果物をお酢に漬け込んだフルーツ酢が人気ですが、効能の多い生姜をお酢に漬け込んだ生姜酢もおすすめです。

ダイエットに大きな効果をもたらしてくれます。

生姜といえば身体を温めてくれることで有名ですが、冷え性が改善されれば血行が良くなり脂肪燃焼効率や基礎代謝がアップし、ダイエット効果は高まるのです。

生姜は血液サラサラ効果や代謝を高める機能も持っています。

お酢にもまた冷え性を改善する力がありますし、更に免疫力アップや便秘解消・疲労回復など健康のためにも最適です。

体内の食べ物をエネルギーに変えてくれる効能もあります。毎日摂取することでお酢に含まれるクエン酸の力で脂肪が溜め込まれなくなります。

アミノ酸が脂肪燃焼を手助けしてくれます。そのためダイエットに最適なのです。

そこに生姜の代謝力アップの力が相乗的に加わります。

生姜と酢を合わせて作る生姜酢はスーパー食材なのです。

生姜酢の作り方

pot-544071_960_720

その作り方は簡単です。

生姜をすりおろしてレンジで加熱し、そこに酢とはちみつをまぜてやるだけです。

 icon-book レシピ

用意するもの

  • ショウガ200グラム(根ショウガか新ショウガがおすすめ)
  • 酢は穀物酢・黒酢で200~300ミリリツトル(ショウガが浸る程度)
  • ハチミツ大さじ1
  • ラップ
  • 耐熱容器
  • 密閉できる保存容器

1.生姜は皮をむかずにみじん切りに

2.刻んだしょうがと少量の水を耐熱容器に入れてラップをかけたら電子レンジで1分30秒加熱する。

3.チンした生姜が冷めてきたらお酢をいれる。

4.ハチミツを加えて一晩つけたら完成。

icon-exclamation-circle 保存期間は冷蔵庫で約3週間程度ほど持ちます。

皮に有効成分が多く含まれているため皮ごと使用するのがポイントです。

お酢は普通のものでもいいですが、黒酢にすると更に栄養価も高まりますし、酢の刺激が苦手という方はりんご酢を使用すると他とちがってまろやかな仕上がりになります。

生の生姜も十分栄養高い食材ですが、すりおろして加熱してやると、ジンゲロールという成分がショウガオールという成分に変化し、更に身体を温めたり代謝をアップさせる効果が高くなるのです。

できあがった生姜酢はガラス瓶で保存しましょう。

プラスチック容器や陶器だとお酢の中の酸の力で容器の成分が溶け出してしまい劣化を早めてしまいます。

生姜をすりおろした場合は3日から4日程度、せん切り・みじん切りだと1週間から10日くらい、スライスしただけなら1ヶ月くらいは保存可能です。

細かくすればするほど日持ちは悪くなるので、早めに食べるようにしましょう。

 
スポンサードリンク


 

生姜酢の食べ方

食べ方ですが、どちらも刺激の強い食材だけに、そのまま食べると胃の粘膜をいためてしまいます。

お水などで割って飲むようにしましょう。

夏は冷たい水でさっぱりと、冬はお湯で割ると身体がポカポカしてくるでしょう。

肉を柔らかくしたり、肉や魚の臭みを取り除く作用もあるのでお料理に利用するのもおすすめです。

油分と混ざると酸味や辛味がまろやかになるので自家製マヨネーズにするのもいいでしょう。

生姜・ココアダイエットが話題!その効果とは?作り方やレシピもご紹介!

 
スポンサードリンク


 

 - 健康と美容