甲状腺がん患者が小児30人増加!福島第一原発の被ばくとは関係ないって?

   

甲状腺がんの患者として18歳以下の小児が30人増加したと福島県が発表!

さらっと福島第一原発の被ばくの影響は考えにくいって言ってますけど、福島県の検討委員会は正気か?

甲状腺がん患者が小児30人増加はかなりまずいよ!

甲状腺がん患者が小児30人増加!

甲状腺がんの調査は2011年の秋ごろから2013年まで先行調査として1巡目を実行。

そして2014年~2015年に本格調査として2巡目が行われました。

このように甲状腺がんの調査は期間をわけて調査し、集計をしているわけです。

 

 

今年の3月末までがんの確定か疑いのある患者は合計173人。

このうち116人は1巡目で確定となって2巡目の検査ではさらに確定の患者が57人ふえて173人となったわけです。

 

 
スポンサードリンク


 

被ばくの影響は考えにくいと言う検討委員会

今回、福島県の検討委員会が原発事故の影響は考えにくいと発表。

その理由として挙げているのが

県の検討委員会はこれまで、チェルノブイリ原発事故に比べて福島県民の甲状腺被曝が少ないことや、チェルノブイリでがんが多発した5歳以下にがんが発生していないことなどから「いま見つかっているがんは原発事故の影響とは考えにくい」としてきた。
引用:http://www.asahi.com/

そもそも今回のこの報道もそうなんですがさらっとし過ぎません?

検討委員会は検査のたびに甲状腺がん患者が増えているのに関係がないって。

このような調査は東北以外の県などもっと広い範囲を同じ頻度でやるべきですよ。

それで調査の結果が同率で出るならまぁ、関係ないっていっても納得いくけど、そもそもチェルノブイリ原発事故のデータも非公表ですよね。

非公表されているデータと比較して関係ないよっていうのは県が言うべき事ではないですよ。

実際にチェルノブイリ原発事故もいろんな病気が急増したのが5年目。

日本の福島第一原子力発電所事故も今年で5年目ですから、これからどんどん増加と思いますよ。

さらに、チェルノブイリは石棺で放射線を完全封印したらしいですが、福島の第一原子力発電所はいまだになんもしてませんからね。

 

もうそろそろ包み隠さず、真実を報道すべき。

ここ数年であんだけの患者が増えているのに10年後、20年後にはどうなるか本当に恐ろしいです。

ネットの反応

 
スポンサードリンク


 

 - ニュース