2017年の立春はいつ?意味や節分との関係、食べ物について簡単に解説!

   

いよいよ寒い冬が明け、暦の上で”春”が訪れようとしていますね。

春のはじまりともいえる立春ですが、いつの事がご存じでしょうか?

また、節分のように立春に食べる物はなにかあるのでしょうか?

今回はもうすぐ春のはじまりとして2017年の立春はいつなのか、食べ物などは?について調べてみました。

 
スポンサードリンク


 

2017年の立春はいつ?

春

立春とは、二十四節気の第一。

今年2017年の立春は

2月4日ごろ

とされています。

今年の立春のお天気は?

2月3日の朝までは寒さが続きますがその後は徐々に暖かくなります。

立春当時の4日には最高気温が14度まで上がり、その暖かさは3月並みとなりそうです。

では立春はどんな意味を持っているのでしょうか?

立春の意味と節分について

さくら

立春の意味は、おおらかな表現でいうと、春のはじまりということです。

一年の中で、もっとも寒い時期とされる大寒から、立春までをすぎると、やや寒さがやわらぎ、 立春の前日が節分とするとされています。

つまり、節分の「節」は、冬と春の節目ということです。

節分とは「季節を分ける」ことも意味している。江戸時代以降は特に立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多い。この場合、節切月日の大晦日にあたる。本項目では、立春の前日の節分、およびその日に行われる伝統的な行事について述べる。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/節分

日本では、立春を迎えると、各地で気温が上昇し始めます。

昔は、今のように暖房もなかったわけで、有りがたい季節の節目ということで、行事になったということです。

また、中国からきているとされています。

そして、そのあとに吹くつよい春風のことを、春一番としています。

 
スポンサードリンク

 

立春を英語で表現すると

First day of spring

つまり、spring・春のfirst day初日ということ。

立春の食べ物は何がある?

立春朝搾り

節分の日には、豆を巻き、食べることが有名ですが、立春に関しては、基本的には、これを必ず食べる というものは、昔からはなかったとされています。

しかし、どんな食べ物がいい?とたずねられたら、今は、立春にしぼった日本酒を販売したり、飲むという立春朝搾りや、立春の朝につくった上等な生菓子を、朝生菓子といって口にするというものなどがあります。

季節感を大切にしたいかたや、風習を生活の中で楽しみたいかたは、お近くの酒蔵などで購入すると、祝い酒として 飲んで、季節感を味わえたり、朝生菓子としては、さくら餅や、うぐいす餅がありますので、こちらであれば、 手にも入りやすいですし、お酒が弱いかたやお子さんとも味わうことが出来ます。

メジャー度でいうと、日本では、節分のほうが高い感がありますが、立春の意味を理解してみると、より 節分も楽しめるといえます。

西洋では、おもに、winterとspringで季節を分けますが、東洋では、このように、もっとこまかく季節を分けて、 春が来る前に、その風情が出てくる頃を、有り難いといって祝い、楽しもうという考え方があります。

まだ暖かくなってはいないけれど、これから少しずつそうなっていくことを心待ちに、きびしい冬を越せたことも 合わせて感謝する考え方があるということです。

2月行事・イベントの関連記事はこちら

2017年の立春はいつ?意味や節分との関係、食べ物について簡単に解説!

2017年・節分はいつ?由来や意味を分かりやすくまとめるヨ!

恵方巻きの意味や由来をまとめるヨ!食べ方のルールや食べる時期はいつ?

恵方巻き・2017年の方角は?節分の食べ物にはどんなルールがあるの?

意外と知らない初午の意味や由来を解説!お供えのいなり寿司の意味とは?

札幌雪まつり会場は3ヶ所!それぞれのイベント情報をチェック!

札幌雪まつり・2017のk-pop出演者は誰?日程や入場料はいくら?

河津桜まつり・2017の駐車場情報・無料あり!クルメや出店情報も

 
スポンサードリンク


 

 - 2月, イベント・行事