防水布を発明したチャールズ・マッキントッシュのレインコート物語!

      2017/01/07

今や雨が降った時には欠かせないアイテム、レインコート。

このレインコートとなる防水布を発明したチャールズ・マッキントッシュさん。

彼が発明したからこそこうして現代でも雨風が強い日も過ごせるのですね!

さてチャールズ・マッキントッシュさんの生い立ち、そしてどんなレインコートを作ったのかをご紹介します。

 
スポンサードリンク


 

防水布を発明したチャールズ・マッキントッシュ!

今回、新たなグーグルロゴの人物として取り上げられたチャールズ・マッキントッシュさんは1766年12月29日にスコットランド最大の都市であるグラスゴーで誕生しました。

科学者だったチャールズ・マッキントッシュさんはすべて独学で知識を身に付けた方なんですが、当時の彼はナフサの研究に没頭していました。

ナフサとは?
原油の蒸留によって得られるほぼガソリンと同じ沸点範囲 (30~200℃) をもつ軽質留分をいう。工業ガソリンの原料として用いられるほか,石油化学用,都市ガス用,肥料用,メタノール用の分解原料として用いられる。
引用:https://kotobank.jp

そんな中、偶然ゴムを薄くのばす方法を発見!

その方法で制作された防水布がイギリス全土に大衝撃を与えることになります。

その理由はなぜでしょう?

まずはチャールズ・マッキントッシュさんの名前から名づけられたマッキントッシュについてご覧ください。

マッキントッシュの由来

引用:https://www.fashion-press.net/brands/538

マッキントッシュ(MACKINTOSH)というとレインコートやキルティングジャケットの代名詞ですよね。

この言葉はマッキントッシュ社の生地、またはその生地で作られたコートやジャケットを示しています。

choi-clip
企業としてもかなりの伝統のあるマッキントッシュなんですが、その特徴は古典的であること。

そして、独特なシルエットから生まれる美しいラインこそがマッキントッシュ。

 
スポンサードリンク

 

レインコートの発明物語!

チャールズ・マッキントッシュさんが発明した防水布はなぜ当時の全英に衝撃を与えてしまったのか?

実は当時のイギリスのロンドンって大都市ではありましたが、馬や馬車がメインの交通手段。

そのような時代では雨をしのぐためにキャンパス地に油を塗って染み込ませたようなものでみんなが生活をしていました。

当然、それはかなり不便なものだったので人々の生活は風の強い雨とかがくると大変苦労していました。

そんな時代にスコットランド生まれの科学者であるチャールズ・マッキントッシュさんがゴム引き防水布を発明したわけです。

このゴム引き防水布は革新そのものでした。

そんな生地で作られたレインコートはイギリス全土に大きな衝撃を与えました。

現在でもチャールズ・マッキントッシュさんによって誕生したマッキントッシュは防水布の製法は昔誕生した時と変わらないんだそうです。

当時の製法は簡単に説明すると薄い生地の間に溶かした天然ゴムを塗って圧着してから火にかけて完成。

この製法を誕生以来ずっと守り続けてきた事は大変素晴らしい事ではないでしょうか?

 icon-arrow-circle-right googleのロゴの関連記事はこちら:

サンドフォード・ フレミングの標準時誕生のきっかけや不採用の理由とは?

スティーヴ・ビコの死因は警察の偽りだった!生い立ちや映画もご紹介!

人類初の南極到達者、ロアール・アムンセンが日本隊を無視したことが判明!

光の速度の測定に成功したのは誰?光の速さは月までどれくらい?

ジャガディッシュ・チャンドラ・ボースの発明が凄すぎる!クレスコグラフとは?

ルイーザ・メイ・オルコットの変わった性格と謎の死因とは?名言も

フレデリック・バンティングがインスリン発見!その驚愕のお値段とは?

アントニ・ファン・レーウェンフックが世界で初めて発見した微生物とは?

ビーロー・ラースローの発明品・ボールペン誕生の秘密とは?生い立ちも

岩崎瀧三・googleロゴの経歴をご紹介!食品サンプル1号はどんな料理?

はてしない物語・googleロゴの名言まとめ!あらすじもご紹介!

夏至2016のgoogleロゴはストロベリームーンとのコラボだった!

中秋の名月とは?食べ物がだんごなのはなぜ?意味や由来・読み方も!

 
スポンサードリンク


 

 - 偉人