マクロン氏の当選で嫁のブリジット氏にかなりの注目が集まってますね。

既婚者だったブリジット氏の元旦那、実はマクロン氏と同じ職種の人物だったことが判明しました。

さらにフランス大統領の夫人となったブリジット氏の若い頃の画像もチェックしてみてくださいね。

 
スポンサードリンク


 

マクロンの嫁ブリジットの元旦那はマクロンと同じ銀行員だった!

欧州のメディアによるとマクロン氏の嫁であるブリジッド氏は親がチョコレート会社を営んでおり、非常に裕福な家で生まれたそうですね。

そんなブリジッド氏は15歳のマクロン氏と運命的に出会いました。

当時、ブリジッド氏はフランス語、ラテン語の教師を務めていました。

ブリジッド氏は1953年生まれ。

そんな彼女は1974年に結婚し、3人の子供を出産、当時のブリジッド氏の元旦那はなんとマクロン氏と同じく銀行員だったんです。

先生と演劇部の学生

ブリジッド氏はマクロン氏が活動した演劇部を担当し、二人の関係はぐんと近くなり、3年後には恋人関係に発展しました。

マクロン氏の両親は、最初は息子がブリジット氏の娘に気があると思っていたそうです。

しかし、両親は本当の事実を知っては驚きを隠せなかった。

そして、二人の交際を猛反対していたマクロン氏の親は二人を引き離すためにマクロン氏を転校させるのです。

しかし、欧州のドキュメンタリー番組によると、マクロン氏を故郷から離れるように勧誘したのはなんとブリジット氏だったのです。

なぜブリジット氏は彼にあんなことを言ったのか?

ブリジット氏は既婚者だったのでとにかくマクロン氏と離れたかったかもしれませんね。

しかし、そんな原因なんかまったく気にしていないマクロン氏は戻ってきてブリジット氏と結婚することを誓ったのです。

二人は電話でお互いの気持ちを確認し、ブリジット氏は銀行員の夫と離婚してパリへ行きました。

そして、二人は2007年結婚!

 
スポンサードリンク

 

マクロンはいきなり3人の父親に

ブリジット氏と結婚したマクロン氏はいきなり29歳でに子供三人を持つ父親になりました。

実は20歳の年上女性と結婚したおかげでマクロン氏の家系図は若干おかしくなってしまったんですね。

ブリジット氏が元旦那と生んだ3人の子供がセバスチャン、ローレンス、ピペン。

しかし、セバスチャンマクロン氏より2歳年上、ローレンスは同い年、ピペンは現在30歳なんです。

ブリジット氏の3人の子供はみんな結婚してすでに7人の子供がいます。

マクロン氏は現在30代のおじいちゃんでもあるのです。

マクロン氏ブリジット氏と結婚したものの子どもに関しては産まないことにしたそうですね。

ちなみにブリジット氏の末っ子のピペンは現在弁護士であり、マクロン氏の事務所で勤めています。

フランス大統領の夫人となったブリジット氏の若い頃の画像

ブリジット氏の若い頃の画像

ブリジット氏の若いごろの写真なんですが、金髪美女教師にマクロン氏は一目ぼれしたそうですね。

マクロンと嫁ブリジッドのなれ初めは?現在の年齢や若い頃の画像をチェック

 
スポンサードリンク