浅田真央が引退を発表しました。

非常に残念ですが、彼女もすでに限界を感じていたと思います。

しかし、限界だったのは選手としての苦悩だけではなさそうです。

浅田真央の父親の現在の様子や姉に関する私生活などメディアが触れない本当の理由について触れてみたいと思います。

 
スポンサードリンク


 

浅田真央のプロフィール

figure skating photobook Mao Asada world champion

生年月日: 1990年9月25日 (26歳)

生まれ: 愛知県 名古屋市

体重: 50 kg

身長: 164 cm

学歴: 中京大学

兄弟: 浅田舞

浅田真央の引退!

浅田真央の突然の現役引退発表は日本国内のファンを始め、たくさんの人々にいろんな思いを浮かばせていました。

ネットでは感謝の声が絶えません。

これからは女子フィギュアの伝説となった浅田真央、今後はどのような職で姿を見せてくれるのか気になるところですね。

浅田真央の私生活のトラブル

2012年にあった浅田真央のエッセイ出版の件。

当時ポプラ社が企画していたのが「大丈夫、きっと明日はできる」。

実はこのエッセイ本は発売前にお蔵入りとなったそうですが、果たしてどんな理由で中止となったのでしょうか?

そこには浅田真央の母親へも思いがあったのです。

エッセイ本の広告に書かれていたキャチコピーが「ママ、ほんとうにありがとう」が使用されており、それに対して浅田真央は亡くなった母を商売にするのはやめてほしいと言っていたのです。

それがトラブルとなり、自身初のエッセイが出版中止となったわけです。

 
スポンサードリンク

 

浅田真央の父親は元ナンバーワンホストで逮捕歴あり?

浅田真央の父親・敏治氏は名古屋市の「女子大小路」と呼ばれるところで有名なホストとして働いていました。

敏治氏も小さいごろから親を亡くし、家計を支えるために相当苦労されていたそうですね。

超売れっ子だった敏治氏は30代に独立してホストクラブや風俗を経営。

しかし、1997年に経営していたパブで公然わいせつ容疑で逮捕。

そして、2015年に浅田真央が現役続行を表明したその直後。

週刊新潮からはこんなスクープが報じられていました。

5月18日に現役続行の発表の一週間後に浅田真央の父親・敏治氏の逮捕。

2度目の逮捕となる原因はDV。

浅田真央の母親がなくなった後、交際を始めた女性に暴力を振りそのまま相手は病院送りとなったようです。

現役復帰を抑えていた重要な時期に父親の逮捕は相当メンタル面でも影響があったのではないでしょうか?

姉・舞の破天荒な私生活

浅田真央の姉の舞。

浅田舞は浅田真央とちがって異性交際や夜遊びという騒々しい噂がありました。

それが原因だったのか一時期、テレビ局では出演禁止とされていたこともあったと言います。

テレビってイメージがとっても大事な媒体だし、浅田真央の姉だからやっぱり平素の品行にちょっとでも物騒な噂が聞こえるとNGですからね。

また、以前浅田真央の復帰に対して発言したコメントが炎上。

「フィギュアスケートって、サッカーとかとは違って1週間前に復帰したからって出来るものではないんです」

この発言にサッカー選手たちに失礼だろうと大炎上したそうです。

エピローグ

今まで日本の女子フィギュア界を牽引してきた浅田真央。

彼女の今後の姿が楽しみですね。

 
スポンサードリンク