喉が痛いときに疑える病気とは?原因や効果的な治療法をご紹介!

   

朝起きたら喉が痛い!風邪かな?

喉が痛い原因は風邪と決めるのはまだ早いのかもしれないです∑(゚Д゚)

喉が痛いのにはたくさんの原因や病気が隠れているのかもしれません。

いきなり恐い雰囲気ですが。

何事も起きてしまってからでは遅いので(`_´)ゞここで喉が痛いときに疑われる病気と原因そして早期発見!

治療法や予防までを紹介したいと思います。

 
スポンサードリンク


 

喉が痛い時に疑える病気や原因とは?

何かと辛い喉の痛み、一体どのような原因が隠されているのでしょうか。

まず考えられるのは、「声の出しすぎや空気の乾燥」です。

空気が乾燥すると私達の身体の粘膜が傷つきやすくなり、ウイルスへの防御力が低下してしまいます。

また、声の出しすぎも声帯付近を傷めるため、炎症が起こりやすくなります。

また、「アルコールやタバコ」も炎症の原因として考えられます。

どちらも喉にとっては「刺激物」であり、過剰に摂取してしまうと炎症が起こりやすくなります。

この炎症は、一般的には「声帯炎」と呼ばれており、ガラガラ声になる、物が飲み込みにくくなる、痰が頻繁にからむなどの症状が現れます。

「喉が痛い」と感じる人は、まず第一にこの声帯炎という病気を疑ってみると良いでしょう。

また、声をよく出す人は「声帯ポリープ」という病気になりやすくなります。

これも炎症の原因の一つとして、よく挙げられるものです。

仕事でよく声を出す人(アナウンサー、歌手、声優など)や、カラオケ好きの人に多く、喫煙者やストレス過多の人、不眠症の人にも多く見られる病気です。

ポリープの場所によっては、痛みを感じることがあるようです。

その他にも、咽頭炎や扁桃腺炎、そして咽頭がんなどの重大な病気も原因として考えられます。

 
スポンサードリンク

 

喉の痛みを抑えるための改善策や治療法は

がんなどの重大な病気を除けば、喉の痛みを抑えるための改善策や治療法はいくつかあります。

まず、「身体を温める」ことです。

一見何の関係もないように思えますが、身体の免疫力が低下すると風邪などの様々な症状につながるため、まずは身体を温めて身体の免疫力を高めるようにしましょう。

特に、首元を温めるのが効果的とされています。

また、「マスクをすること」もおすすめの治療法です。

特に、保湿効果に優れた「ぬれマスク」は、空気が乾燥するこれからの季節に最適です。

また、これに関連して「加湿器を使用する」こともおすすめの治療法です。

加湿器の使用はプロの歌手も実践しており、空気の乾燥を防ぐことが炎症の改善につながりやすくなります。

そして、定番中の定番といえるのが「うがい」です。特に、炎症を起こしているときは市販のうがい薬を使い、うがいをするのがおすすめです。

あまりにひどく炎症を起こしている時は、うがい薬が喉に染みることがあるため、通常より用量をやや薄めにして使用すると良いでしょう。

また、緑茶でうがいをするのもおすすめです。

緑茶に含まれるカテキンには殺菌作用があり、誤ってうがい薬を飲む可能性がある子どもにもおすすめです。

喉が痛い時は

  • 身体を温める
  • マスクをすること
  • 加湿器を使用する
  • うがいを忘れずに
 
スポンサードリンク


 

 - 健康と美容