アメリカ大統領選2016の日本時間の開票速報!その選挙の仕組みとは?

      2016/11/10

史上最低とも言われている2016年のアメリカ大統領選。

果たしてアメリカの大統領に選ばれるのは誰なんでしょうか?

今回はアメリカ大統領選2016の日本時間に合わせて開票速報をまとめてお送りいたします。

あと、アメリカ大統領選の仕組みについても触れてみたいと思いますので気軽いに読んでみてください。

速報:トランプ氏当選確定(AP通信)

 
スポンサードリンク


 

アメリカ大統領選2016の日本時間の開票速報!

その候補者としてまず、共和党候補のドナルド・トランプ氏。

トランプ氏の演説は政策の話よりは悪口ばっかりでしたね。

そして、民主党候補ヒラリー・クリントン氏。

クリントン氏も悪口ばっかり言われていつの間にか自分も悪口で返したりして。

どちらにしても誰かは大統領に選ばれるわけなんですが、その開票時間が日本時間で11月9日の朝。

アメリカ大統領選の開票速報!

選挙結果は11月9日午前9時より速報をお伝えいたします。

4:19:05 PM

クリントン氏
5530万2030票
218人

トランプ氏
5648万2794票
245人
これもしかしたらトランプ氏勝っちゃうんでしょうかね、

速報:トランプ氏当選確定(AP通信)

ドナルド・トランプが米大統領に!日本や世界への影響を調べてみた!

 
スポンサードリンク


 

トランプ氏の娘・イヴァンカがモデルで美人過ぎると話題!夫はどんな人物?

開票速報:9時スタート

サウスカロライナ州 トランプ氏勝利確実:9人の選挙人を獲得
テネシー州 トランプ氏勝利確実:11人の選挙人を獲得
ロードアイランド州 クリントン氏勝利確実:4人の選挙人を獲得
イリノイ州 クリントン氏勝利確実:20人の選挙人を獲得
ミシシッピ州 トランプ氏勝利確実:6人の選挙人を獲得
ニュージャージー州 クリントン氏勝利確実:14人の選挙人を獲得
オクラホマ州 トランプ氏勝利確実:7人の選挙人を獲得
ワシントンDC クリントン氏勝利確実:3人の選挙人を獲得
デラウェア州 クリントン氏勝利確実:3人の選挙人を獲得
メリーランド州 クリントン氏勝利確実:10人の選挙人を獲得
マサチューセッツ州 クリントン氏勝利確実:11人の選挙人を獲得
ウェストバージニア州 トランプ氏勝利確実:5人の選挙人を獲得
バーモント州 クリントン氏勝利確実:3人の選挙人を獲得
インディアナ州 トランプ氏勝利確実:11人の選挙人を獲得
ケンタッキー州 トランプ氏勝利確実:8人の選挙人を獲得

アメリカ大統領選の仕組み

海外の選挙ってみんな結構長い期間やっているそうなんですが、それに比べると日本は非常に短い。

その理由が期間が選挙法で決まっているからです。

海外の多くの国は選挙期間というのがないらしいですが、日本は長くても17日間だけ。

逆に言えばアメリカの大統領選が長いというより日本が短すぎるんでしょうね。

国政を任せる人を決めるのにたったの2週間で決めないといけないのは確かにちょっと無理があるようにも感じます。

アメリカ大統領選はとにかく期間が長い!

2016年のアメリカ大統領選挙には、2010年から立候補表明していた人もいたそう。だから、一年中大統領選をやっているような状況になるということだ。「個人的には、そもそも税金の使い道を決める人たちを2週間前後の短い期間で決めろという日本の制度のほうが乱暴だと思います。日本では選挙期間中にできることもかなり厳しいです。戸別訪問は禁止、ビラなどの文書にも制限があります」
引用:http://www.excite.co.jp/News/bit/E1478358495261.html?_p=2

このような長い選挙にはかならずメリットやデメリットがあるはずです。

筆者が調べたところこのような内容が確認できました。

アメリカのような選挙のメリット

とにかく期間が長いから当然大統領候補の情報が多くなります。

今回のアメリカ大統領選2016にもありましたが、トランプの女性に対する問題とクリントンのメール問題のようなスキャンダルがありましたよね。

その時の対応能力も国民にとっては判断材料になることもあるみたいです。

デメリットは?

デメリットは国民よりは候補者本人にあります。

長い期間、選挙戦を行うとほとんどの候補者が相手に痛いところをやられることです。

結果、大統領に就任するまではかなりボロボロになってしまうんです。

 
スポンサードリンク


 

 - ニュース